2009.11.15

国産車に乗り換えて知るドイツ車の実力

ご無沙汰しています。大分間をあけてしまいました。

9月にC200を廃車にして、マツダアクセラ(新型)に乗り換えました。

きっかけは8月にC200のワイパーが故障したことです。C200(W202)のシングルワイパーはギアとシリンダーを組み合わせて払拭面積を広くするた角度によってアームが伸縮する方式で、そこのギアの寿命となりました。そのパーツ代が十数万ということでちょっとショックを受けました。とりあえず短い状態で固定し、支障はなくなったのですが折からのエコカー補助金を考えました。C200は14年129,000km。今年13年目以降の車を廃車にしてエコカーを買うと25万円補助金がおりるということで、乗ってしまいました。

買い替えにあたっては今はやりのプリウスやインサイトなどのハイブリッドカーも試乗したのですが、これら燃費を意識した車たちはCD値を抑えるためでしょうか、後席の室内高が不足で子供たちの頭がつかえてしまいます。C200は家内の車で普段使うのは家内なので選択権も家内ということで、一番気に入ったのがマツダのアクセラでした。

9月末に納車され、1ヵ月半が経過し千数百kmを走行したところですが、久々に国産車の新車を買って色々感じるところがありました。

マツダのアクセラはヨーロッパでデザインされたとかで、ヨーロッパ車のような感じの車です。下回りを覗いてみるとフロントのサスペンションはBMWのE46そっくりです。しかし乗った感じは柔らかく、高速でも飛ばす気にはなれません。最近は私も飛ばさないので足りていますが、高速での安心感は一昔前のドイツ車には適いません。マツダ車もヨーロッパ仕様のはもっと硬くしっかりしているのでしょうけど。(アクセラの初代は5年間にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーの2位になりました。また、デビュー当初よりモデル末期の方が売れていたそうですから実力はあるんでしょう。)

燃費ですが、カタログ上のスペックは良いのですが実際は知ってみるとそうでもありません。アクセラは排気量1500ccで重量約1.2トン、CVTで10モードで18kmちょっとですが、高速で片道650km走ったところ、16kmちょっとしか走りませんでした。C200は排気量2000ccで重量約1.4トン、4速ATで10モードで10kmですが、同じ条件では13km以上走りました。ヨーロッパ車は高速での燃費に優れていますね。(アクセラはレギュラー、C200はハイオクです。)

普段使っているカミサンの話では、「ベンツはアクセルなど操作系が重かったけど安定していて疲れなかった。アクセラはどこもかしこも軽く、アクセルも軽く拭けあがるけど、反応が敏感すぎて却って疲れる」とのこと。まあ、慣れかもしれませんが。

ということで今はうちはカングーとアクセラの2台体制になりました。フェラーリモンディアルも10月に売却し、アルピナは3月に、シトロエンも2月に、それから言っていませんでしたが、ポルシェも昨年1月に売却しました。一時期5台あった私の所有者も今は1台(プラスカミサンの1台)です。大分すっきりしました。欧州車道楽も卒業です。最近は昨年来毎週末は飛行機の練習にいそしんでいます。

Axela

| | コメント (1)

2008.09.07

エアフローメーターのトラブル

C200のアイドリングが不安定になりました。通常この手の原因はエアフローメーターだと直感で思いましたが、そのとおりでした。エアフローメーターは国産ではほとんど交換することはないのですが、欧州車では消耗品で10万キロ程度で交換することが多いようです。

メルセデスの純正部品は10万円以上もするのですが、ボッシュから同じ部品が出ていて、こちらは半額以下の約5万円です。当然、こちらで修理してもらいました。ヤフーオークションにはもっと安いものもでているそうですが、品質は?だそうです。

| | コメント (0)

2007.09.09

車での長距離旅行

今年の夏は家族でC200で2泊3日で1,500km程の長距離旅行をしました。

昨年の夏はAlpina B3で快適でしたが、C200での長距離はちょっと面白くありません。一番つらいのはパワーが足りず、高速での追い越しが簡単にできないことです。4名乗車でトランクには荷物が入っていますから一番負荷がかかっています。B3ではエンジンのサウンドを楽しみながら、ちょっと右足を動かすだけで追越ができますが、C200ではどっこいしょと言う感じで容易ではありません。その代わり燃費は良く、渋滞もほとんどなかったことからリッターで12.6kmも走りました。

目的地の福井県、永平寺の駐車場で車を停めたらクーラントが出てきてびっくり。見ると水温計が100度を上回っています。幸いクーラントの流出はさほどではなく、リザーブタンクにまだ1/3以上はありますから、そのまま旅行は続けました。

このC200はいつもは80度で走っていますが、この日は高速で走ると85度位ですが、一般道だと95度位に上がります。ファンの回転が遅いようです。12年11万キロですので、ファンのカプリングのシリコンが流失してしまったようです。これは以前、BMWのE30でも11万キロ位のときに経験したことがあります。温度により粘性が変化するシリコンをファンのカップリングにはさみ、冷間時はエンジンを余り冷やさないようゆっくり回転させ、熱いときにはエンジンの回転にあわせてファンを回す装置のシリコンが流れ出てしまったようです。これだとエンジンが熱いときでもファンがゆっくりしか回らず、冷却が十分ではありません。しかし高速のように前から風が当たるとそれで結構冷えるので問題は出ないわけです。

幸い100度以上は上がらず、110度くらいまではオーバーヒートにはならないだろうと思い、そのまま帰りました。修理代は部品代32,700円と工賃でした。ついでにサーモスタットも交換してもらいました。

また旅先でエアコンが効かなくなりました。エアコンというより、エアコンのファンが回らない状態です。これはエアコンのブロアーファンのヒューズを交換したら直りました。特にヒューズは切れていなかったのですが導通が悪かったのでしょうか?

(追加)

エアコンが時々効かなくなるのは、後日ブロアモーターの故障と分かりました。交換は部品が51,210円、工賃込で合計59,210円でした。(2007年12月)

| | コメント (0)

2007.02.04

スタッドレスタイヤ

当家のファミリーカーのメルセデスC200には、以前より元オーツタイヤのファルケンESPiAというスタッドレスタイヤを履いていました。特にこだわりなく購入したタイヤです。タイヤメーカーはスタッドレスタイヤは3シーズンで交換を勧めていますが、実際は夏場にちゃんとした保管庫にしまうなどすればもうちょっとは持つようです。このタイヤも昨年までは雪道でグリップするのでもう長いこと履いていました。

しかし1月にスキーに行ったときに坂道発進ができず、非常用に持っていたチェーンを装着する羽目になりました。いよいよ寿命だと判断して最新のスタッドレスタイヤに交換しました。新しい銘柄はYOKOHAMAのIG20です。交換のときに古いタイヤの製造年を見て貰ったら、なんと1998年でした。9年前のタイヤではいくら山があってもグリップしないわけです。(ツメで触るとゴムはまだ柔らかい感じがしたんですけどね) これで今年の冬も安心です。私の住む関東地方ではまだ雪が降っていませんが。

| | コメント (0)

2006.12.11

C200のリアのブレーキローター

写真は先般、1ヶ月ほど前に交換したメルセデスベンツC200のリアのブレーキローターです。

Roter

ベンツのパーツは高いというイメージがありますが、ベンツ・パーツ・ジャパン・ドット・コムで純正のOEM品を購入すると下記のように安く交換できます。

RRDR0755 リアブレーキディスクローター (7,045円) 1個(左右一組)
RRBP1010 リアブレーキパット (3,470円) 1個(左右一組)
小計 10,515円

合計 10,515円
(内消費税 500円)

あとは工賃だけです。自分でやればただです。もっとも持ち込み料がかかると、その店でAPロッキード辺りの安いローターを入れてもらって交換をして貰うほうがトータルでは安かったりします。

| | コメント (0)

2006.12.10

B3とC200のタイヤを冬タイヤに交換

日曜日は天気が良く暖かかったので、B3とC200のタイヤを冬タイヤに交換しました。2台分のタイヤ8本を交換するというのは結構手間がかかりまして、準備から後片付けまで入れると3時間以上かかりました。タイヤを持っていってタイヤ屋さんにやってもらうと1台3000円くらいで済むんですけどね。

外したタイヤは倉庫にしまっておきます。タイヤは紫外線で硬化、劣化が進むものらしいので、使わないときは倉庫にしまっておくと年月がたっても軟らかさがより長持ちするように思います。

| | コメント (0)

2006.11.26

C200の車検

1995年に購入したメルセデスベンツC200(W202)の車検が完了しました。

前回まではヤナセでやってきましたが、今回はいつもお世話になっているSモータースで行いました。走行距離は約10万8千キロ、11年目の車検です。

大きな問題はありませんでしたが、フロントのハブベアリングの片側が交換が必要だったのでオーバーホールしてもらったのと、リアのローターとパッドを交換してもらいました。通常ハブベアリングは一体でしかパーツが供給されていないのだそうですが、ここでは悪いベアリングのみを品番を調べて同じものに交換することでコストを抑えてくれました。

総額は17万5千円(税金、保険料込み) メルセデスの車検で20万を切れば上出来だと覆います。ただし自分で持ち込んだリアのブレーキローターとパッド(ベンツ・パーツ・ジャパン・ドット・コムで10,550円)は含まれておらず、またオイル交換は自分でやるのでこれも含まれていません。

| | コメント (0)

2006.07.30

リアシートを外して洗う

先日はドライバーズシートを丸ごと水洗いしましたが、今度はリアシートを外して洗ってみました。

リアシートの座面はレバーを手で動かすだけで簡単に外すことができます。そうしたらびっくり。過去11年間に子供たちが生まれたときから食べ散らかしてきたお菓子などが沢山でてきました。チョコレートの溶けたのとか、キャラメルの溶けたようなもの、ナッツ類などでしょうか。こんなに汚れていたとは唖然でした。もっと早くに掃除しておくべきでした。

Dsc06164

シートの表皮だけを外すこともできるのですが、クリップで留めてある数が多くて外したり付けたりするのが面倒なので、また発泡ウレタンの中身ごと風呂場で洗いました。そうしたら出てくる水の茶色いこと。ジュースや溶けたアイスクリームや汗がしみこんだものでしょうね。

Dsc06166

今日は天気が良く、湿度も低く風も適度にあったので、夕方までにはほぼ乾かすことができました。

| | コメント (2)

2006.07.08

シート水洗い

かねて念願のシートの水洗いをやってみました。11年10万5千キロともなるとシートには相当の汗と埃、ダニなどが溜まっているはずです。かつてチャイルドシートを水洗いしたときに洗浄液の余りの汚れに驚愕したことがあります。

Dsc06026

メルセデスのシートは12ミリのE型トルクスネジ4本で固定されています。E型トルクスのビットはアストロプロダクツで462円でした。ホームセンターでもKTCのが売っていましたが、1200円くらいしました。アストロのSignet製の方が安いですね。

Dsc06027

シートを外した車内

夏の晴天の日に一日干して扇風機を当てて乾かしました。夕方に装着しましたが、見た目は何も変わりありません。

| | コメント (0)

2005.12.30

空調のカタタカ音を直す

メルセデスの方が、エアコンのファンの回転に同期してカタカタという音がするようになりました。ブロアーモーターかファンに何か引っかかっていると思いまして、助手席ダッシュボードの下からあけてエアダスターでごみを払いました。松ノ木の葉のようなものがモーターに引っかかって回転するたびに何かに当たって音を立てていたようです。

DSC04889
写真では左上がブロアーモーター。その上にファンがあります。右がダストフィルター(マイクロフィルター)です。E46はブロアーモーターに入る前にフィルターがあるので、ブロアーファンはきれいだと思いますが、このようにフィルターがブロアーモーターの後だとブロアーモーターとファンは結構塵や埃にまみれています。

E46の方式のほうが良いようにも思えますが、内気循環モードではフィルターを通らないため、内気循環で使うとエバポレーターに室内の塵や埃が直接付着します。両方にフィルターがあるとベストだと思います。そういう車もあるんでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)