2008.07.27

いまどきの真夏のフェラーリ

皆さん、ご無沙汰しています。梅雨が明けて真夏になったら毎日暑いですね。

そういう暑い中、先日六本木のミッドタウン東京の前で真昼間にF430とF430スパイダーを見ました。最近のフェラーリは真夏に渋滞に巻き込まれても大丈夫なのでしょうか?Sモータースさんに聞いたら、燃料のクーラーがないから、やはり乗らないほうがいいでしょうとのこと。

私もラジエーターはコア増ししてあるので、多少はオーバーヒートには強そうですが、とても真夏に走る勇気はありません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.27

フェラーリ美術館が閉館

昨日発売されたカーマガジン誌に書いてあったのですが、フェラーリ美術館が閉館したのだそうです。

フェラーリ美術館のホームページにも案内が出ておりました。日本のフェラーリの聖地のような場所でしたので、大変残念です。

http://www.ferrari-museum.co.jp/info.html

フェラーリブランチは名前を変えて、富士で行うとのことです。

フェラーリといえば先週新聞に書かれていましたが、ついに日本法人ができるのだそうです。販売は従来どおりコーンズが行うとのことで、日本法人は輸入業務を行うらしいです。ちなみにフェラーリの昨年の日本での販売台数は前年比37.8%増の376台だったそうです。

| | コメント (0)

2008.02.23

素敵なガレージハウス

StudioINDEXさんという大阪の一級建築士事務所のブログにモンディアルtが入ったガレージハウスが紹介されています。

http://ameblo.jp/studioindex/entry-10072475579.html

こういうガレージハウスって、ものすごくお金がかかっていそうな気がするんですが、そういう人にとってはフェラーリなら430でも599でも買えるとおもうんですが、あえてモンディアルtにされているところが、非常にモンディアルtを気に入られているんですね。

私もうらやましいですが、車のほうもこういうガレージをうらやましいと思っているかもしれません。

| | コメント (1)

2008.01.26

F1マチックってどうですか?

最近のフェラーリはF1マチックというシーケンシャルミッションでステアリングのスイッチでパドルシフトが可能なものが多いようですが、使われている皆さん、どうでしょうか?

私はF1マチックというのは経験がないのでわかりませんが、運転が楽なのは間違いないでしょうね。また普通の方ならサーキットでも(もしかしたらプロでも)、マニュアルミッションより良いタイムがでると思います。

しかし問題はミッションが冷えている時でもシフトされてしまうことと聞きました。マニュアルミッションの方は経験あるように、冬場に温まるまでは2速に入らないので3速に入れますよね。しかしF1マチックだと無理に2速に入れてしまうようです。これは当然ミッションによくないので、F1マチックのミッションオイルは痛みやすいそうです。

ミッションが温まるまで停止状態で暖気すればよいのでしょうけど、ミッションが温まるまでには相当時間がかかります。近所への騒音や環境負荷を考えるとちょっとできませんね。

| | コメント (0)

2008.01.09

フェラーリを買って拓けた人生

リフレッシュ休暇を使っての小旅行を前に良く眠れないので、夜中に起きて考えていたことを書きます。

清水の舞台から飛び降りる覚悟でフェラーリを買ってから今年で4年になります。フェラーリを買ったことがきっかけとなっていろいろな新しい出会いがあり、これが縁となってそれまで乗っていたBMW 318iを売りアルピナB3を買い、ポルシェ911を買いました。フェラーリを買っていなかったら今でもBMW318iに乗っていたと思います。BMW318iは良い車ですが、アルピナ、ポルシェと比べるとずっと地味です。こういう展開に来るとはそれまでの自分では想像の域を超えたものでした。結果として大変充実したカーライフになりました。

しかしこれは単に車が増えただけではありません。これを通じてさまざまな人々と知り合い、交友がそれまでよりずっと広がりました。自動車整備という新しい趣味を始めたのもフェラーリがきっかけです。またポルシェに乗っていたことがきっかけで、ラジコン飛行機という小さいころからあこがれていた趣味を始める出会いが生まれ、そこからまたウルトラライトプレーンという新たな展開も生まれました。車関係ではサーキット走行から始まってペーパーですが、JAFの国内A級ライセンスも取得するところまでいきました。フェラーリ以外の珍しい車も沢山見たりオーナーと知り合うことができました。今ではどんな車を見ても引け目を感じることがなくなりました。もはや車については自分が運転するのは中古の軽自動車でも(失礼!)堂々と運転し、自分がフェラーリで相手が軽自動車でも道を譲ります。(当然ですが)

フェラーリをきっかけとした交遊、人間関係により人生がより厚みを増してきました。そして以前より、よりダイナミックで積極的な生き方をしているように感じられます。このせいか、本来は小心者にもかかわらず以前より自信がついてきたように感じられます。

フェラーリを買うことはそれ相応の出費を伴いますし、それを維持するにもそれなりの苦労を伴いますので、フェラーリが好きな人すべてに勧められるものではありませんが、幸い私の場合はそれらを何とかクリアできました。もし4年前に大英断をしてフェラーリを買っていなかったら自分の人生はそれまでの延長線上でいまよりもつまらないものだったように思います。実際フェラーリを買う前は見た目の順調さとは裏腹に、内心では閉塞感を感じていました。それが一気に吹っ切れた感じです。

フェラーリの購入代金を含め、それ以降で車関係の趣味で使った金額は1000万円をはるかに超えますが、仮に1000万円としても4年で割ると年間では250万円程度。(怖くて総額は計算できません。) でもそれに十分見合った満足感はあります。人生にさまよって仕事をやめていたりすれば、(そのつもりはありませんでしたが)、年間250万の損失では済みませんしね。仮にこの間の1000万円を貯蓄投資などで資金運用していたとしても、今の充実感には替えられないと思います。

日本ではもう何年も前から金余りの経済といわれる中で、地域的には大変な不況でもあり、また欧米やBRICS諸国の躍進を聞くにつれ最近は国内では経済的にも社会的にも停滞感があります。格差社会という言葉を聞くにつれ、生活に苦しんでいる人たちには申し訳ない気がしますが、ある程度余裕があれば将来に備えて積み立てるばかりでなく、ここはひとつ勇気をだして思い切ったお金の使い方をして人生が変わるなら、それはそれで多少は社会が明るくなるのではないかなと思っています。地味で質素な生活は私は好きなんですが、皆が皆それだけでは社会全体が萎縮してしまうのではないかと思いますがいかがでしょう?

| | コメント (2)

2008.01.06

1年間の走行距離は

昨年(2007年)の1年間の走行距離は1,297Kmでした。一昨年は約2,300kmだったので、だんだん減っていますね。あまり距離も伸ばしたくないし、かといってぜんぜん走らないのも車によくないそうですし、この程度が適当なもんじゃないでしょうか?

Img_0198

写真は1月2日に集会でお会いした知り合いの自動車屋さんのチャレンジストラダーレです。チャレストはF1マチックしかないのだそうです。私はてっきりマニュアルしかないのだと思っていました。

| | コメント (2)

2007.10.07

車庫保管の盲点

フェラーリをお持ちの方はほとんどガレージに保管されていると思います。しかしタイヤラボさんにお聞きしたのですが、車庫保管にも関わらずフレームが錆びているフェラーリも多いとのこと。その理由は空気だそうです。

ガレージにしまっても、空気が流通していないと湿気で錆が発生しやすいのだそうです。それを防ぐには、扇風機などで風を送るのだそうです。湿度が多い日本の風土気候のためでしょうか、ガレージ保管といえども油断できません。私のガレージは一番安いタイプで下もコンクリート敷きではありませんが、換気扇は24時間365日回しているお陰か、車の方は幸い大丈夫なようです。

Under_mondial

私のモンディアルの下。数多くのフェラーリを見てきたタイヤラボさんによれば、これは綺麗な方なんだそうです。フレームに塗布されているのは防錆塗料らしいです。オーナーズマニュアルによれば、本当はこれも2年に一度塗ることになっているようです。

| | コメント (5)

2007.10.01

フェラーリのエンジンで感じるエクスタシー

売ろうかどうか迷っているモンディアルですが、そう簡単に売れるものではありませんので、しばらくはこのまま淡々と維持し続けるつもりで覚悟を決めています。

エアコンが効かなくなったので、先週末に電装屋さんに修理にもって行きました。運転していてしみじみ感じたんですが、調子が良いときの、8気筒が完全に同調が取れている感じのフェラーリのエンジンって、本当に気持ち良いですね。頭の芯までじーんと来る感じです。そのためには一人で運転しているときでないと、こういうエクスタシーには浸れませんね。誰かを乗せていると色々気を遣ったり、話をしたりして、運転に集中したり、車の走りに感覚を十分行き渡らせることができません。

4人で乗れるのがモンディアルの特徴ですが、たまには一人で楽しむのもいいもんですね。

| | コメント (5)

2007.07.28

フェラーリの夏:エアコンとの闘い

皆さん、ご無沙汰しています。本格的な夏になりましたね。

フェラーリは順調なんですが、今年はポルシェの方のエアコンが修理続きで、本日まで今年3度目の修理に入っていました。(トホホ)

私がいつもエアコンの修理をお願いする電装屋さんは地元のフェラーリ専門店やあちこちからフェラーリが持ち込まれるところで、先週までは365GT4/BBが入っていまして、今週はF40が入っていました。またこのところずっと456も入っています。フェラーリのエアコンはやはり弱いようで、456はエバポレーターがぼろぼろだそうです。F40も配管のつなぎ目のねじ山が腐食でザクザク状態で、ナットを緩めるともはや配管が使い物にならないのだそうです。パーツを注文すると入るのに6ヶ月とかかり、夏が終わっちゃうのでワンオフで作るのだそうですが、その方が安いのはいつものことですね。

456engine

456のエンジンです。

| | コメント (0)

2007.05.05

第三次スーパーカーブーム(2)

先般も第三次スーパーカーブームについて書いたばかりですが、いよいよ本当にブームだと思いました。

本日、知り合いのところで「ビンテージ・スーパーカーDVD」という昨年、桃園書房から出たムックを見せてもらったら、私のモンディアルtが掲載されていました。昨年のスーパーカーコレクションで撮影した写真とDVDの本です。

自分でも買おうと本屋に行きましたらば、他にもスーパーカーについてのムックが何冊もあるではありませんか。こりゃいよいよ第三次スーパーカーブームだわいと改めて確信した次第です。

Supercarcollection4

| | コメント (1)