2016.02.06

【お知らせ】Amazonで出版しました。

皆さま、大変ご無沙汰しております。

2009年にモンディアルtを手放して、はや7年になります。非常に印象が深い車だったので、今でもよく覚えています。その後、フェラーリには乗っておりませんで、モンディアルが最初で最後のフェラーリになってしまいました。

昨年まで2代目のポルシェ911(964 MT)を持っていましたが、手放しました。今はルノーカングーと、ジャガーXJ6 3.2(X300 1996年もの)と2CV、それにハーレーのスポーツスターという体制です。ジャガーは故障も少なく、精神的に維持するのが楽です。月に1度程度、ゆっくり走らせています。

このたび、2004年から2009年まで執筆したモンディアルのブログを若干編集して前編、後編に分けてアマゾンのKindle Direct Publishingで出版しました。

アマゾンのKindle本で「フェラーリ」で検索していただきますと、今のところ4,5番目に出てきます。値段は500円としましたが、出版記念として明日2016年2月7日から2月11日までの5日間は前編を無料でダウンロードキャンペーンを実施します。後編は次の週末2月13日から17日までを予定しています。

ご注意:無料キャンペーン実施日時ですが、太平洋標準時だそうなので、日本時間+17時間となります。2月7日は午前0時からでなく、17時からとなると思います。

一応、リンクをはっておきます。

前編

後編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.04

疑惑のオルタネーター

モンディアルtや348では、オルタネーターの故障が本や雑誌によく書かれています。私自身はオルタネーターにトラブルはなかったので、あまり気にしていませんでしたが、チェックしてみたら私のはDENSO製がついていました。

この年式のはデルコ製らしいので、以前のオーナーがトラブルで交換したのかもしれません。

Dsc01710

オルタネーターがこのてのフェラーリで故障する原因はエンジンの熱ではないかと思います。渋滞の中などではエンジンルームに熱がこもり、オルタネーターを劣化させるのかもしれません。また上から垂れてくるオイルも故障の原因のひとつでしょう。私は渋滞の中は極力乗らないようにして、またオルタネーターの上には屋根があってオイルが直接垂れませんので問題がでなかったのかもしれません。

写真は2005年にエンジンを下ろしたときに外したオルタネーターを撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.29

オイルが漏れる訳

Sモータースさんに教えてもらったのですが、モンディアルtや348のエンジンからオイルが漏れるのは、エンジン前部にあるカムシャフトのプーリーのホルダーの付け根に押さえがないからだそうです。355だと抑える仕組みがあるのだそうですが、F119エンジンではここのパッキンが押さえが利かないのでゆるゆるなのだとか。それではエンジンオイルが染み出してくるのも仕方がないのだそうです。車検の前にはこの部分はしっかり下からスチームをかけて、オイル漏れを検査官に指摘されないようにしましょう。

Ferrari_cam_holder

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

寒い冬のモンディアル

昨日は所要で約100kmほど師走の高速道路を走りました。私が人一倍寒がりということもあるのですが、モンディアルはオートエアコンでヒーターが効くものの、冬は寒いです。ベンチレーションからは温風はでるのですが、直射日光が入らないとキャビン内はあまり暖かくありません。

思うに普通の車は断熱材とかがあってそれで外部の熱を遮断しているのに、モンディアルはそれがないのではないでしょうか。約1時間ほどのドライブでしたが、温度も最初は26度に設定したものの(そうでないと温風がでない)、最後の頃は29度にしました。

Ferrari_mondial_t

| | コメント (4)

2007.11.05

運転しやすくなったモンディアル

本日予定通り、電装屋さんからエアコンの修理が完了したモンディアルを引き取ってきました。

駅からバスで20分かかって電装屋さんにたどり着いたのですが、夜にも拘らずあらかじめ電話しておいたので、社長が待っていてくれました。そこでほぼ1ヶ月ぶりにモンディアルを運転したんですが、これが意外なことに運転しやすいんです。2速ギアが温まるまで入りづらいのは相変わらずですが、その他はいたってスムーズ、楽なんです。

今回の修理はエアコンのコンプレッサーのホースを特注し、ガスを入れただけです。ということは車が良くなったんではなくて、人間が変わったのでしょう。思い当たるのはこのところずっとシトロエンの2CVを運転していることです。1948年にデビューしたシトロエンに慣れてくると、かつては運転しづらいと感じていたモンディアルですら、楽に感じられてしまうのでしょう。

考えてみると、ある車が運転しやすいとか運転しにくいというのは個人的な、しかも相対的なものなのだと思います。自分が普段乗っている車に比べての話だと思います。普段国産の高級車に乗っている人からすればモンディアルは難行苦行のようで非常に乗りづらいと感じられるかもしれません。しかし国産でも1970年代以前の車に普段乗っている人ならば、それほどでもないのではないでしょうか?

| | コメント (2)

2007.03.18

モンディアルtのエンジンを下から覗く

リフトアップしたモンディアルtのエンジンを下から覗いてみました。一番左が燃料タンクで、ここは下にカバーがついています。その右がエンジン、2本の赤いケーブルはミッションのケーブルです。中央の銀色に光っているのがミッション、その隣の右のがクラッチとフライホイールのハウジング、右端がマフラーです。

Ferrari_mondial_t_engine

エンジンの下にも本来カバーがあるのだそうですが、私のには付いていません。付いている人いますか? > モンディアルオーナーの皆様

数多くのフェラーリを見てきたタイヤラボのご主人によると、355までのフェラーリでエンジンの下がさらさらになっているのは少ないのだそうです。(通常はオイルでしっとりしているらしいです)私のもよーく見ると、前側のカムシャフトホルダーの下は左右両バンクともちょっとオイルが垂れています。

| | コメント (1)

2007.03.17

エンジンサウンド

先般、タイヤラボさんでタイヤを交換してもらっているとき、ショールームで待ちながらご主人が私の車をリフトに移動させる聞いていていました。カウンターの中で仕事をされていた奥様から「フェラーリのエンジンの音は他の車と違って良い音ですね。」と言われ、自分もまったく同様に感じて聞いていました。自分の車のエンジンの音をちょっと離れた場所で聞くと、自分で言うのも何ですが確かに惚れ惚れするような良い音で、自分で乗っているときに聞く音とはまた別な感じです。「良い音なんですが、長時間乗っていると疲れます。」と申し上げたら、奥様は笑っておられました。

Ferrari_mondial_t6

話は変わりますが、先般東京は新橋駅近辺の交差点で、ベントレーのコンチネタルGTでしょうか、最近の2ドアクーペモデルがエンジンをかけて発進する音を偶然聞きました。VW製のW12気筒エンジンだと思いますが、音量は控えめながらも存在感ある、しっとりとしたいかにも高級な気品あるサウンドで、思わず感動してしまいました。

| | コメント (0)

2006.11.06

モンディアルtのパフォーマンスを改めて検証

今までモンディアルtのパフォーマンスは余り気にしてきませんでした。しかしヒストリック・オートモービル・フェスティバルのフェラーリ・マセラーティ・スポルティーバでF355や360モデナにあれほど圧倒的な差を見せ付けられると、彼らの性能がどれほどのものか気になりました。

まずモンディアルt。カーグラフィック1993年9月号のテストデータではモンディアルtカブリオレのヴァレオマチック仕様が0-400m加速は15.0秒、0-100km/h加速は7.0秒とあります。

これに対し同じ300馬力のエンジンを搭載する348は同じカーグラフィックのテストデータでは0-400mが13.9秒、0-100kmが6.1秒。 4シーターで重量が重いせいか、モンディアルは負けています。

380馬力のF355になると0-400mが13.2、0-100km/hが5.0秒。400馬力の360モデナ(F1)は同じ360モデナの6MTよりも速く0-400mが12.4秒、0-100km/hが4.3秒。モンディアルはぜ~んぜん敵いません。これでよくもてぎのサーキットで360を2台も抜かせたものです。確かに抜くのに非常に苦労し、コーナーの出口の加速ではいつも付いていけませんで、コーナーの入り口のブレーキングの突っ込みでようやく追いつくことができました。

気を取り直して古いのに目を向けて328はというと、これがまた0-400mが14.0、0-100km/hが6.0と、モンディアルより圧倒的に軽い重量を反映してか、モンディアルよりも速かったです。

Ferraris_1

一緒にフェラーリ・マセラーティ・スポルティーバを走ったフェラーリ達 15台に抜かされ、6台を抜かすことができました。

| | コメント (0)

2006.10.23

使うとショートするシガーライターソケット

私は煙草を吸わないのでこのモンディアルを買ってから1年以上気が付かなかったのですが、シガーライターを使おうと、ソケットのボタンを押すとショートするらしく、ヒューズが飛びます。

このヒューズはホーンやパワーアンテナの電源と共通なので、ラジオも聞けなくなります。ヒューズを交換してもすぐに飛びました。はじめ原因が分からず、プロに調査をお願いしたらかなり時間をかけてシガーライターが原因であることを見つけてくれました。

そういえば車を購入したとき、シガーライターが外してあって、しかも2個グローブボックスに入っていました。ソケットが空いているのもかっこ悪いので入れておきましたが、ちょっと試してみるつもりで押したのがショートの原因でした。そういう訳で今はシガーライターソケットの下の配線は外したままにしてあります。そこから電源を取る必要もないので、今のところ困っていません。

Ferrari_lighter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

荷物も乗るモンディアル

モンディアルを買って丸2年になるのですが、今までリアシートが倒れることを知りませんでした。ためしに倒してみたところ、結構荷物が入ります。ベルトがあるのは、スーツケースなどを固定するためでしょうか。

Mondial

先日はカッティングシートによるカラーリングのために預けてある車を取りに行くとき、折りたたみ自転車で行って、ここにその自転車を乗せて帰ってきました。エコですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)