« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »

2016.04.17

最近はJaguarに乗っています。

2月に書きましたように、3年前からJaguar XJ-6 3.2 (X300型 1996年モデル)に乗っています。エンジンはジャガー最後の直6最終型です。色はノーチラスというメタリックグリーンです。

2年前の車検整備時にフロントのショックアブソーバーのウレタンブッシュを交換しています。ここまでやってある車は少ないと思います。交換前は直進性が悪かったのですが、見違えるように安定しました。

X300はフォードに買収されてから発売されたモデルなので、トラブルが少ないといわれています。私も3年間保有してきましたが、修理したのはラジオ(日本製アルパイン)と電動シートのスイッチだけでした。上述のブッシュとブレーキ関係など消耗品は交換しましたが、ほかにはエアコンのガス補充すらしていません。ただ、ドアミラーの左が折り畳めません。修理は可能ですが、結構高いので放置しています。あと、真夏の暑い時期にABSの警告灯が点灯することが時にありますが、これは警告灯のエラーかと思っています。

意外にも燃費が良く、高速中心で急加速しないで走る分にはボードコンピューターで9キロ台、給油時の計算でも8キロ台です。

このところ年間走行距離は1,000km程度です。現在は44,434km。車検を先週取りましたが、費用は整備費用、法定費用、検査代を含め約10万円でした。(認証工場で24か月整備点検ののち、自分で陸運事務所でユーザー車検です。)代行で頼んでも、プラス1,2万円でしょう。特に悪いところはないので、維持は楽です。

Jaguar1

Jaguar2

Jaguar3

Jaguar4

Jaguar5

Jagura6

Jagurar7

Jaguar8

Jagur9

Jagur10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の2CV

2014年の12月はじめなので、秋というより冬なんですが、銀杏の落ち葉が奇麗だったので、そこで写真を撮ってみました。

P_20141204_081906

P_20141204_081815

P_20141204_081759

P_20141204_081740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2CVにセミトラを付けましたが

2012年の12月に永井電子のセミトラを付けました。

2CVはポイントとコンデンサーを交換すると非常に調子がいいのですが、2年位経つと距離を乗らなくても調子が悪くなります。

そこでポイントとコンデンサーを交換しなくても、半永久的に点火系のコンディションを維持するべく、セミトラを付けた訳です。セミトラはポイントを使いいますが、ポイントに流れる電流は非常に僅かなため、ポイントが半永久的に長持ちするのだそうです。また、コンデンサーはなくても走る位だそうです。

しかし、今年の初め久々にエンジンの調子が悪くなりました。調べてみてもらったところ、ポイントに錆のような腐食物がついていたようです。ポイントは通常、火花を散らすので少しずつ摩耗して接点を磨いているようなのですが、セミトラだと流れる電流が少ないので、摩耗がすくなく、走行距離が短いと接点の汚れが落ちないようです。最近年間数百キロしか走りませんでしたから。(2015年は500km以下でした)

セミトラはソケットを差し替えると通常のポイント点火に切り替えることもできるので、時々は従来のポイント点火も使おうと思っています。普通に使うならばそういうことは要らないのですが。

Dsc_0026_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.16

2CVの紹介記事

ちょっと古い話ですが、知り合いが2015年5月に私の2CVを助手席試乗して、ブログに記事を書いてくれたので紹介します。

あこがれのシトロエン2CVに乗る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »