« カングーディーゼルとハイブッリド車を比較 | トップページ | カングーのクラッチワイヤーの交換 »

2009.07.04

疑惑のオルタネーター

モンディアルtや348では、オルタネーターの故障が本や雑誌によく書かれています。私自身はオルタネーターにトラブルはなかったので、あまり気にしていませんでしたが、チェックしてみたら私のはDENSO製がついていました。

この年式のはデルコ製らしいので、以前のオーナーがトラブルで交換したのかもしれません。

Dsc01710

オルタネーターがこのてのフェラーリで故障する原因はエンジンの熱ではないかと思います。渋滞の中などではエンジンルームに熱がこもり、オルタネーターを劣化させるのかもしれません。また上から垂れてくるオイルも故障の原因のひとつでしょう。私は渋滞の中は極力乗らないようにして、またオルタネーターの上には屋根があってオイルが直接垂れませんので問題がでなかったのかもしれません。

写真は2005年にエンジンを下ろしたときに外したオルタネーターを撮影したものです。

|

« カングーディーゼルとハイブッリド車を比較 | トップページ | カングーのクラッチワイヤーの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/45536567

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑のオルタネーター:

« カングーディーゼルとハイブッリド車を比較 | トップページ | カングーのクラッチワイヤーの交換 »