« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.26

カングーにキーレスエントリーを装着

日本仕様のカングーにはキーレスエントリー(リモコンロック)が付いているらしいのですが、私のは並行輸入の本国仕様のため、ついていません。やはりキーレスエントリーは便利なので、欲しいと思っていました。

購入したとき、カーナビを付けてくれた電装屋さんにキーレスエントリーも付けて、とお願いしたのですが、部品だけでも6万円くらいかかりますよ、と断られてしまいました。

仕方なく自分でインターネットでツーフィット社からキーレスエントリーを購入し、付けることにしました。ツーフィットのキーレスエントリーは以前、アルピナB3につけたことがあります。(このときは自分でやってどうしても付けられず、いつもの電装屋さんにお願いしました。)

私のカングーには配線図もありませんので、テスターで配線に探りを入れながら、カングーのセンターロックスイッチの回路を解析します。幸い、センターロックのスイッチがシフトの直前にありまして、そこに4本の線が出ています。それを使って中学3年の技術家庭の知識程度でなんとか2時間程度の作業で装着することができました。

Keylessentry

作業中の写真

| | コメント (0)

2008.10.19

内装剥がし

カングーにリモコンロックをつけようと調査しています。

カングーの日本仕様にはリモコンロック(キーレスエントリー)が付いているようですが、私のは並行輸入なのでついていません。センターロックは付いているのですが、そのスイッチはミッションの前だけです。通常はドアロック連動でセンターロックなんですけどね。そこでセンターロックのスイッチの下を見るべく、ミッションシフトレバーの下のトリムを外してみました。道具は内装はがし(白いプラスチックの棒)です。

そうしたら前のオーナーはスモーカーだったらしく、ミッションノブの下にはタバコの灰が大量に溜まっていました。

Kangooinnertrim_2

| | コメント (0)

2年ぶりの素顔

2年前のヒストリックオートモービルフェスティバル参加時にしたお化粧を取りました。いつもの電装屋さんに、これ外したほうが良いよ、とも言われていました。

Mondial2008

カッティングシートを剥がすと、オリジナルの状態になりました。これもすっきりしていて良いですね。今日も天気がよかったので、30kmほど走りました。

今年はガソリンの値段が高騰したとき、「フェラーリのように燃費が悪い車に乗っていると、ガソリン代が高くて大変ですね」といわれましたが、実は大変ではありません。ガソリンが高いときには乗りませんので。実際、ガソリンが高騰した5月から9月までの走行距離は100km未満でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.10.13

カングーのブレーキとオイル交換(再)

先週オイルを交換しようとして発見して驚いたカングーのブレーキローターを正規ディーラーで交換してもらいました。

通常なら、社外品のローターとパッドを探してきて近所のタイヤ屋さんでやってもらうのですが、今回はあまりに驚いたので気が動転したのか、それすら忘れてすぐにディーラーにパーツを発注し、予約を入れてしまいました。

ディーラーでの値段はブレーキディスクは23,900円。パッドは8,660円。工賃は8,000円です。楽天などで見ると、Dixcelのブレーキローターは17,700円と安いものの、パッドは13,000円から18,000円と純正部品よりも高いですね。ただし、これらのパッドは低ダストパッドで、ホイールが汚れないのが良いところです。まあ、私のカングーはアルミホイールではなくて、樹脂製のホイールキャップなので、あまり汚れは気になりません。

メカニックの人に聞いて驚いたのは、カングーのブレーキローターの交換時期。磨り減るのが早いので、何とそこではブレーキパッド交換のときにローターも交換するのだそうです。パッドは早い人で、35,000km程度で交換とのこと。BMWなどはローターはパッド交換2回毎に交換で、日本車は10万キロ位はローターは持つと思いますが、それに比べるとカングーのローターの寿命は短いですね。その代わり、カングーのブレーキはなかなか良く効きます。特に初期制動力はE36 BMWのアルピナやフェラーリモンディアルよりもずっと効きます。

交換前はパッドは十分あったそうですが、ブレーキが暖まる前は昔の全輪ドラムブレーキの車のように、カックンブレーキのようでした。ローターを交換してからは大分普通のブレーキのようになりました。

先般、8ミリ角のドレンボルトのビットがなくて中断したオイル交換もビットを買ってきて作業しました。ビットは1,400円です。出てきたオイルはかなり汚れていますが、ディーゼルのオイルは汚れが早く、汚れても性能が低下するわけではなさそうなので、これがどの程度のものなのかは分かりません。ちなみに新しいオイル(エルフのサイレント・ディーゼル)は、緑色をしていまして、あまり見かけない色です。

ドレンボルトからオイルを抜いて、エレメントも交換して、ドレンを閉めてから、オイルを注入したら4リットルで適正量です。あれ?付属のフランス語の説明書では、5.5リットルと書いてあるようですが??(フランス語は読めませんが、その程度の表示は見て分かります。) オイルを抜くときに注入口のキャップを外さなかったので、オイルが全部抜けなかったのでしょうか?

| | コメント (0)

なんと、内装にカビが

お盆以来、色々多忙でフェラーリに乗る機会がありませんでした。週末はラジコンや飛行機(ウルトラライトプレーン)の訓練、運動会や花火大会と盛りだくさんだったためです。

ほぼ2ヶ月ぶりに乗ったら、エンジンは一発でかかったものの、内装にカビが!!! 幸いうっすらと、という程度なので乾拭きで簡単に取ることができました。今日は天気もよく適度に風もあって、乾燥しているので出先の飛行場(秘密基地のようなところ)で、飛行機の訓練中窓を開けて乾かしました。

Kabi

これからはフェラーリには良い季節なので、もうちょっと乗ろうと思います。先日保険の更新をしたのですが、年間走行距離は1,000kmに足りませんでした。

Mondial

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.10.05

カングーのオイルを交換しようと思いましたが

カングーのオイルを交換しようと、ディーラーでフィルターを買ってきました。カングーディーゼルのオイルエレメントはガソリン車と同じもののようです。

オイルはオートバックスでフランス車らしく、エルフのディーゼル用オイルを買ってきました。(4リットル缶で5,040円)

ところがいざ、オイルパンのドレンを開けようとおもったら、8ミリ角の四角のボルトで、そんなソケットは持っていません、ということで作業できませんでした。

Kangoo_oil

Kangoo_under

アンダーカバーを外したところ。オイル漏れはないようです。

しかしブレーキをみってびっくり。ローターが凄い磨り減っています。測りませんでしたが、縁から1ミリ以上は削られています。すぐにローターとパッドをディーラーに発注したことは言うまでもありません。

Roter 

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »