« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.26

オイル交換

連休に入りましたのでまずは初日にモンディアルのオイル交換をしました。

前回の交換は昨年の4月6日ですので、1年ちょっと経っていますが、この間の走行距離は1,400kmちょっとでした。

今回のオイルは並行輸入もののカストロールGTX 10W-40 鉱物油で、ホームセンターで1クオート(946ml)498円です。今回は初めてオイルフィルターも交換しました。

オイルは右リヤタイア前のサンプタンクの下(24ミリボルト)とエンジンの下(12ミリ六角)の2箇所から抜きます。エンジンの下はかなり前のほうになりますので、随分奥まで車の下に体を入れないと届きません。手前にあるのはミッションオイルのドレンですので、ご自分でやられる方はお間違えのないように気をつけてください。

Mondial_oil

オイルはちょうど10本、約9.5リットルでした。油量はゲージで、エンジンをかけた状態で、完全にあったまっている時に測りますが、アイドリングではなかなか油温があがるまで行きません。自宅の庭先なので、長時間エンジンをかけているも気がひけるので、8本まで入れた状態でちょっと走行して暖めることにしました。(オイルの入れすぎは怖いので)

そうしたらちゃんと走りません。オイル交換までは普通に走っていたのが、すごく変です。アイドリングは普通だし、ちゃんとオイルプレッシャーは正常なので問題はないはずなのですが、マフラーに何かがつまっているんじゃないかと感じられるほどパワーがでませんし、低回転ではガクガクします。しかし油温計の針が動き出して、オイルが暖まったころ、オイル足して量が正常になったら元に戻りました。オイルは多少少なくてもドライサンプですから、吸い取り口よりも上のレベルなら量的には問題ないはずなんですが、、、

原因はやはり入れた直後のオイルがなじんでおらず、かつまだ温まっていなかったことだと思います。今まで同じドライサンプのポルシェを含め、色々な車のオイルを自分で交換してきましたが、こういうのは初めての体験で、さすがわフェラーリはオイルにセンシティブだと感じ入った次第です。

今回はまた久々にエンジンルームのクリーニングをしました。家庭用のスチームクリーナーを使い、埃のついたヘッドなどをきれいにしました。さすがに塗りなおした直後のようにピカピカにはなりませんが、それなりにきれいになりフェラーリらしさを取り戻したと思います。

| | コメント (5)

2008.04.20

モンディアル プチオフを開催

4月19日の土曜日に久々にモンディアルのプチオフを開催しました。参加は3台で、Sさん(黒のカブリオレ)ともんじろうさん(ロッソのクーペ)です。関越道の三芳PAで集合し、群馬県太田市の富士重工業の矢島工場にある、スバルビジターセンターを目指します。

Dsc05821

関越道のPAで。同じ色と内装のフェラーリが2台並ぶと目立ちます。

Pict0033

スバルビジターセンターの駐車場にて

Pict0003

スバルビジターセンターのエントランス。

あらかじめ予約しておいたので、工場見学もやらせてもらいました。約1時間のコースで、レガシーやフォレスターなどが組み立てられ、エンジンや内装などが取り付けられていく過程を見せてもらいました。非常に興味深かったです。また、懐かしいスバル360やスバル1000などの歴代のスバル車の展示もじっくり見ることができました。

今回の走行は合計410kmで、燃費はリッター8.5kmでした。

| | コメント (2)

2008.04.17

フェラーリフェスティバル

今年は連休明けにフェラーリフェスティバルというイベントが富士スピードウェイであります。

昨年までこの時期にあったフェラーリブランチとコーンズフェスティバルが一緒になったような感じのイベントですね。

参加費が1万5千円なんですが、行くか行くまいか、ちょっと考え中です。

| | コメント (1)

2CVをユーザー車検

本日は2CVのユーザー車検を通してきました。

本当は普通にどこかにお願いしたかったのですが、触媒はついているものの諸般の事情でなかなか引き受けてくれるところが見つからず、前検査でユーザー車検となった次第です。24ヶ月点検は連休明けにお願いする予定です。

今回は整備前に車検を受ける前検査なので、事前の準備はごく簡単にしかやりませんでした。やったのはサスペンション周りを洗車場できれいにしたのと、下回りの特に過去に燃料漏れがあったタンク下部あたりをきれいに洗い流し、オイル漏れを指摘されないようエンジンの上部下部をできる限り拭いた程度です。またドライブシャフトブーツなどは亀裂がないことをチェックしました。

まずはいつものようにテストセンターで一式のチェック。通常の車は5分程度なんですが、光量不足で配線を足したりバルブを交換したりしてもらったので、45分くらいかかって対応してもらいました。また、そのままでは排ガスが×だったので、キャブレターまで調整してくれました。(アイドリングがそれまで1000rpm程度だったのが、750rpm程度に下がりました。アイドル時に振動が出るようになってちょっと走りにくいです。) こんなに手間と時間をかけてもらったのにテスト費用は通常の1,500円。ちょっと申し訳ないです。それと交換したヘッドライトのバルブ代は2個3,000円買取で、これは喜んで払いました。

陸運事務所の前の代書屋さんで書類を作ってもらい、保険に入ります。保険料は4月から下がったのでちょっとやすくなりました。合計で23,370円。

陸運事務所の敷地にあるナンバーセンターで印紙証紙を購入します。重量税などで26,900円。合計で54,770円。これが整備費用を除いた今回の車検費用の総額でした。

テストセンターの調整のおかげで難しい光軸は一発でOK。ブレーキや排ガスは2回目でOKがでて、なんとか晴れて新しい車検証をもらいました。検査自体は正味10分もかからなかったと思います。今回は昨年のポルシェに引き続き2回目なので、前回よりも落ち着いて周りの様子なども観察しながら進めることができました。

2cv_shaken

第2ラウンドが始まる前に並んでいるところ。

| | コメント (0)

2008.04.13

久々にモンディアル

最近週末が忙しく、3月は一度もモンディアルに乗れませんでした。来週末にモンディアルのミニオフがあるので、本日は曇り時々小雨の天気でしたが、コンディションの確認を行い、ちょっと掃除をしました。

久々に乗るもので、オフミの当日に乗ろうとすると、エンジンがかからないとか、どこか調子が悪いとか、色々予想されるものですから、1週間前にチェックをしたわけです。それにガレージにしまっていても、空気は流通するようにしてあるものですから、長い時間がたつとやはり細かい砂埃(黄砂?)がつきますね。

来週末は関東地方でのミニオフに行ってきます。

| | コメント (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »