« 毎日乗って調子が良くなったF355 | トップページ | F1マチックってどうですか? »

2008.01.26

2CVのオイルを冬用に

2CVのオイルを冬用に交換しました。

今まで20W-50できたんですが、最近の朝はマイナス4度とかになり、エンジンをかけるときに非常に重々しく回ります。もっと下がると回らないかもしれないと思い、もう冬もだいぶたってしまいましたが、交換することにしました。

2cv_oil

取扱説明書には冬季-10度以下では10W-30と指定してあります。(20W-がマイナス10度までの対応に対し、10Wはマイナス25度まで対応) 別なところには15W-40とも書いてありますが、15Wというオイルはなかなか手に入りません。冬場は一般道を走っていると、油温は60度程度が上限で、それ以上は上がることはありませんので、上も30で大丈夫そうです。今回は直輸入版のカストロールGTX(鉱物油)にしました。1クオート(946ml)のボトルが498円です。使用量は2.5リットルです。

Dsc00420

2CVは車高が高く、オイルパンがかなり前にあるので、なんとジャッキアップしなくても手を伸ばせば下抜きでオイルが抜けます。 今回初めてオイル廃棄箱(200円)を使いましたが、非常に便利ですね。今まで空き缶に戻してガソリンスタンドに持っていって心ばかりのお礼程度の手間賃を渡して処理してもらっていましたが、これだとオイルをそのまま箱に入れて燃えるごみとして出すことができます。(自治体によっては廃油は受け付けないところもあるようですが) オイルの主成分は重油ですから自治体の焼却炉にとって既に焼却用にも使っているものとそれほ変わらず、却って重油が少なくて済むので問題ないと聞いています。)

Dsc00421

(しかし随分真っ黒ですねぇ)

さすがわ軽いオイルだけあって、冬季の早朝でもエンジンが軽く回るようになりました。燃費もちょっとは良くなると思います。

|

« 毎日乗って調子が良くなったF355 | トップページ | F1マチックってどうですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日乗って調子が良くなったF355 | トップページ | F1マチックってどうですか? »