« デフロスター | トップページ | シトロエンと冒険 »

2007.11.24

またまたバッテリー上がり

今朝は久々にモンディアルに乗ろうとしたらバッテリーが上がっていました。10月に1月ほど電装屋さんに修理に出して、その後電装屋さんから帰ってきただけで週末の天気も悪かったせいもあり、3週間ほど乗っていませんでした。合計でほぼ2ヶ月ほとんど動かしていませんでした。

2CVの外気温計では今朝の最低気温は氷点下0.5℃。セルモーターの周りが弱弱しく、エンジンに火が入りません。モンディアルで出かけるつもりでしたが仕方なく2CVで出かけます。昼過ぎに道具と交換用バッテリーを準備して再度挑戦。交換用バッテリーからジャンプスタートしなければならないかと思いいましたが、試しに挑戦してみたら今度は搭載状態の弱った方のバッテリーで何とか動かすことができました。(バッテリーを交換するには、右前のタイヤを外す必要があり、そのためにはガレージから出さなくてはなりません。)

モンディアルのバッテリーの交換は3回目。バッテリーは購入時に付いていたものと、その後購入したものと2つ持っています。モンディアルに使っていない方のバッテリーは自宅の玄関内にあって、普段はラジコン飛行機用充電器の親電源として活躍しています。

以前の経験ではバッテリーが上がってしまうとエンジンがかかってもその後のアイドリングが不安定なので、フル充電したバッテリーと交換する方がベターです。そこで自宅の玄関のバッテリーをあらかじめ充電した上で交換します。

しかしバッテリー交換のためにタイヤを外さなくてはならないとは、非常に不便です。更にバッテリーの位置がボンネットフードを開けてもライトの後ろの非常に狭いところにあり、ボンネットからではジャンプコードのクリップがなかなか端子につなげることが出来ません。この点、非常に不便です。バッテリー交換は専門店でなれた人がやればタイヤ交換を含めても15分程度の作業かもしれませんが、自宅の庭でジャッキアップからやるのは一仕事で準備や後片付けを入れると前後1時間弱の作業です。

今日は天気が良いのでその後近所の友人とちょっとドライブに出かけました。天気が良く、非常に快適でした。出先では偶然にもこのブログの読者の方とお会いしてびっくりしました。

|

« デフロスター | トップページ | シトロエンと冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デフロスター | トップページ | シトロエンと冒険 »