« 1日457円の贅沢 | トップページ | ポルシェの作法 »

2007.10.06

ブレーキパッドセンサー

ポルシェ911のブレーキパッドの警告灯がつきっぱなしになりまして、センサーの問題と考えて色々調べました。

パッドセンサー、昨年購入したもので、フロントは1個1450円、リアは1個1850円でした。ブレーキパッドを何度も交換したり、サーキットを走ったりしたので熱と交換時の作業でぼろぼろになっています。本当はパッド交換時にはセンサーも交換が原則ですね。再利用はできなくもないですが、このようにエラーが出やすくなります。

とはいうものの、新品のパッドセンサーをケチって、なんとか直そうとテスターを持ち出して導通を調べました。ポルシェのパッドセンサーには配線が2個ありまして、この2本がつながっていないとパッドセンサーがつながっていないか、パッドセンサー自身がおかしいとして警告がでます。またブレーキパッドが消耗してパッドセンサーがローターに当たるようになるとセンサーの配線がボディアースにつながって、パッド磨耗の警告がでるようになっているようです。

四輪のタイヤをそれぞれ外して、センサーにテスターを当て、導通を確認し、アースにつながっているかどうかを確認しました。そうしたらフロント右のセンサーがアースにつながっていて、それをつながらないようにしました。

これでインパネの警告灯は消えるかと思いきや、消えてくれません。何かリセットでもする必要があるんでしょうか?

Porsche_brakepad_sensor

赤いセンサーのケーブルは本来、上のフックに引っ掛けるはずなんですが、忘れました。

|

« 1日457円の贅沢 | トップページ | ポルシェの作法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日457円の贅沢 | トップページ | ポルシェの作法 »