« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.21

2CVの冬支度

段々寒くなってきましたので2CVの冬支度を準備しました。取扱説明書によると、気温10℃以下では、過冷却を防ぐためにフロントグリルにマスクをつけることになっています。

2cvwinter

マスクをつけたところ。プラスチック製で、左右ではめこむだけです。これで走行中に脱落とかしないんでしょうか。

2cvsummer

マスクを外すとこういう状態です。

| | コメント (1)

2007.10.20

エアコンただいま修理中

エアコンが効かなくなったモンディアルですが、2週間ほど前から電装屋さんに入っています。まだ2週間くらいはかかる見込みです。

原因はコンプレッサーのホースのゴム部分の劣化によるガス漏れだそうです。パーツは現在作成中だそうです。(古いフェラーリも数多く手がけている電装屋さんなので、ワンオフ製作は得意のようで)

Mondial_and_carrera4

入庫中のモンディアル、隣は911カレラ4S(993)

Mondial_compressor

現在コンプレッサーが外れた状態になっています。

| | コメント (0)

2007.10.08

ボルト式、ナット式

ハブにホイールを取り付ける方式にはボルト式とナット式があるようで、国産車はナットで締める方式が主流かなと思います。BMWやメルセデスはボルトで締める方式ですが、ポルシェはナットで締める方式です。このナットが軽合金で出来ていて、これで大丈夫なのかと思うくらい軽いです。

どちらがいいかというと、私はナットで締めるタイプの方がホイールをハブのボルトに入れれば、そのあとタイヤを保持しているいる必要がないので、やりやすいと思います。ボルトで締めるタイプだと、タイヤを持ち上げて足の間に挟んで保持しつつして、ハブの穴にホイールの穴をあわせて、ボルトを入れて回すという作業が必要なので、ちょっと大変です。

Porsche964_bolt

ハブからスタッドボルトが伸びているタイプのポルシェ

Bolt_bmw

ボルトを差し込む方式のBMW

Bolt_ferrari

同じくボルトを差し込む方式のフェラーリ 

| | コメント (2)

2007.10.07

車庫保管の盲点

フェラーリをお持ちの方はほとんどガレージに保管されていると思います。しかしタイヤラボさんにお聞きしたのですが、車庫保管にも関わらずフレームが錆びているフェラーリも多いとのこと。その理由は空気だそうです。

ガレージにしまっても、空気が流通していないと湿気で錆が発生しやすいのだそうです。それを防ぐには、扇風機などで風を送るのだそうです。湿度が多い日本の風土気候のためでしょうか、ガレージ保管といえども油断できません。私のガレージは一番安いタイプで下もコンクリート敷きではありませんが、換気扇は24時間365日回しているお陰か、車の方は幸い大丈夫なようです。

Under_mondial

私のモンディアルの下。数多くのフェラーリを見てきたタイヤラボさんによれば、これは綺麗な方なんだそうです。フレームに塗布されているのは防錆塗料らしいです。オーナーズマニュアルによれば、本当はこれも2年に一度塗ることになっているようです。

| | コメント (5)

ポルシェの作法

ポルシェの専門雑誌を読んでいると、ポルシェの整備にあたっては独特の作法があり、これはポルシェ乗りにとっては常識であるかのように書かれています。

たとえばホイールのボルトの位置。16インチのホイールの場合は赤い印があるボルトにエアーバルブに一番近いホイールの穴をあわせ、ロックナットはそこに装着します。しかし17インチホイールの場合は、赤い印のあるボルトにホイールの穴のうちエアーバルブと対称の位置にある穴を合わせるそうです。

またホイールボルトにはグリースを切らさないことなど。

皆さん、こういうことはちゃんとやられているんでしょうか。余り気にしない人も多いのではないかと思うんですが、どうでしょうか。

Porsche964_17inch_wheel

| | コメント (8)

2007.10.06

ブレーキパッドセンサー

ポルシェ911のブレーキパッドの警告灯がつきっぱなしになりまして、センサーの問題と考えて色々調べました。

パッドセンサー、昨年購入したもので、フロントは1個1450円、リアは1個1850円でした。ブレーキパッドを何度も交換したり、サーキットを走ったりしたので熱と交換時の作業でぼろぼろになっています。本当はパッド交換時にはセンサーも交換が原則ですね。再利用はできなくもないですが、このようにエラーが出やすくなります。

とはいうものの、新品のパッドセンサーをケチって、なんとか直そうとテスターを持ち出して導通を調べました。ポルシェのパッドセンサーには配線が2個ありまして、この2本がつながっていないとパッドセンサーがつながっていないか、パッドセンサー自身がおかしいとして警告がでます。またブレーキパッドが消耗してパッドセンサーがローターに当たるようになるとセンサーの配線がボディアースにつながって、パッド磨耗の警告がでるようになっているようです。

四輪のタイヤをそれぞれ外して、センサーにテスターを当て、導通を確認し、アースにつながっているかどうかを確認しました。そうしたらフロント右のセンサーがアースにつながっていて、それをつながらないようにしました。

これでインパネの警告灯は消えるかと思いきや、消えてくれません。何かリセットでもする必要があるんでしょうか?

Porsche_brakepad_sensor

赤いセンサーのケーブルは本来、上のフックに引っ掛けるはずなんですが、忘れました。

| | コメント (0)

1日457円の贅沢

散々迷って売ろうかとも思ったモンディアルですが、手ごろな売り先もないので暫く持っていることにしました。ごく普通のサラリーマンである私の場合、ここでモンディアルを手放すともしかしたら今後一生フェラーリには乗れないような気がしますので、このモンディアルは一生モノとして大事に持っていきたいという気持ちもあります。また、実際売ろうと思うと、逆に惜しいという気持ちが沸いてきます。

前回のモンディアルの車検費用は重量税、自賠責保険料込みで132,080円。これを1年分として半分に割りまして、毎年の自動車税63,800円に任意保険料34,880円を加えると1年間の維持費用はまったく走らなくても164,720円になります。1ヶ月当たりにすると13,720円。1日当たりにすると457円です。

実際にはガソリン代やオイル代、タイヤ代、修理代がかかりますからもっとかかるのですが、ただ持っているだけで1日457円です。フェラーリを持っていることだけでも非常に贅沢なことですが、その対価が1日457円。まあ安いといえば安いですね。そう思って持っていることにしました。(もっとも12月の車検は通そうか、いったん切ろうか、まだ完全に決めたわけではありません)

とはいうものの、うちには趣味の車としてポルシェ(同様に維持費1日369円)とアルピナB3(同1日376円)がありますので、この3台で維持費は1日1,202円になりますが。これは趣味関連費用ということで私の小遣いからの支出となります。C200とシトロエンの維持費用や修理代は通勤や日常生活など実用に必要なものということで家計から支出されています。

私の小遣いからの車関連の支出は恐ろしくて計算できませんが、購入を除いても年間で上記の維持費だけで434,405円。ガソリン代は家計で持ってくれるので、オイル代とかタイヤ代とか修理代とかでなんだかんだで100万円は行きそうですが、怖くて計算できません。

| | コメント (5)

2007.10.01

フェラーリのエンジンで感じるエクスタシー

売ろうかどうか迷っているモンディアルですが、そう簡単に売れるものではありませんので、しばらくはこのまま淡々と維持し続けるつもりで覚悟を決めています。

エアコンが効かなくなったので、先週末に電装屋さんに修理にもって行きました。運転していてしみじみ感じたんですが、調子が良いときの、8気筒が完全に同調が取れている感じのフェラーリのエンジンって、本当に気持ち良いですね。頭の芯までじーんと来る感じです。そのためには一人で運転しているときでないと、こういうエクスタシーには浸れませんね。誰かを乗せていると色々気を遣ったり、話をしたりして、運転に集中したり、車の走りに感覚を十分行き渡らせることができません。

4人で乗れるのがモンディアルの特徴ですが、たまには一人で楽しむのもいいもんですね。

| | コメント (5)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »