« 真夏を走る | トップページ | 油温が大事 »

2007.08.24

エアコンのない夏

ご存知のように2CVにはエアコンがありません。ベンチレーションのファンがないため、ダッシュボードからは普通の風すらでません。風で出てくるのは温風のみです。

私は昨年来食生活を菜食に変えて約10kg体重が減りまして、現在体脂肪率が10%をきるまでになっています。やせていると余り暑さを感じないので、7月末までは楽勝かと思ったんですが、8月になってからの猛暑続きではさすがに大変です。

朝晩の通勤や最近始めた早朝のラジコンなどの外出の際は2CVで問題なく使っていますが、熱射病になると大変なので真夏の日中は出来る限り2CVには乗らないようにしています。乗るとしても往復で30分以下に留めています。それ以上行くときは家内のC200を借りていきます。また自分ひとりなら大丈夫なのですが、同乗者には気の毒なので同乗者がいるときはC200にしています。同乗者にすれば、真夏の日中はエアコンのない2CVよりも、エアコンのある車ならどんな車でもベターだと思います。

2CVにも後付けでデジタルの内外気温度計をつけていますが、今まで最高で外気温48度、室内40度というのがありました。日陰に停めていても36度とかは普通にあります。そういう状態を経験していると32度とかは涼しいという感じです。

幸い渋滞のあまりないところでしか乗っていないので走っているとそれなりに風が入りますので何とかしのいでいます。しかし真夏の日中の道路とかだと外気温が40度とかになり、そうなると風も熱風ですね。

でもそろそろ涼しくなってきたのでもうちょっとの辛抱かなと思います。それほどつらいという感じではありません。

2cv_beach

|

« 真夏を走る | トップページ | 油温が大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏を走る | トップページ | 油温が大事 »