« ポルシェをユーザー車検で通す | トップページ | 2CVにETCをつける »

2007.07.08

アイドリング不調の原因はバッテリー

前回、エンジンが不調でアイドリングが続かないと書きましたが、バッテリー交換で直りました。

2ヶ月前にパーキングライトつけっぱなしでバッテリー上がりを起こしてJAFに助けて貰って以来、その後エンジンがかかるので乗っていましたがやはりバッテリーは要充電状態でした。(バッテリー内蔵のインジケーターで赤の状態)

2年前に交換して降ろした前のバッテリーがまだ元気なので、近所のガソリンスタンドで充電してもらおうとしました。しかし密封型バッテリー(ロングライフ)は対応する充電器がないとして1軒目では断られ、2件目でやってもらいましたが微弱な電流で朝から晩までやってもらいましたがフル充電になりません。そこでアストロプロダクツでちょうど充電器のセールをやっていたので、ロングライフにも対応するオートマチックの充電器を11,000円で買ってきました。これでフル充電になりました。

バッテリーと工具を積んでガレージのあるところへ。モンディアルのバッテリーはフロントタイヤを外さないと交換できないのでまずジャッキアップしようとしました。ところが車高が低くて携帯型のジャッキがフロントに入りません。仕方なく、またアストロプロダクツでプラスチックラダーレールを購入。これでやっと交換できました。

交換後もアイドリングは安定しないので、Sモータースさんに診てもらいに行きました。しかしその途中で2km/5分程度走るうちに調子が良くなり正常に戻りました。アイドリングが安定しないと信号待ちで止まった時にエンジンストールしてしまうので、ヒールアンドトゥでエンジンの回転を上げながら止まります。そうのうちエンジンがカブり気味になってしまいました。念のためエンジン調整をしてもらいましたが、それほど問題はなかったようです。(バッテリーを交換しても直らなかったのはO2センサーの前のデータが残っていたからかもしれないとのことでした)

Ferrari_up

|

« ポルシェをユーザー車検で通す | トップページ | 2CVにETCをつける »

コメント

ビーマーのおっちゃん、こんにちは。

ベンツとかBMWだと、バッテリーがそういう状態だとエンジンがかからないと思いますが、フェラーリはなぜかスターターはちゃんと回るし、エンジンも起動できました。それで気づくのが遅れちゃいました。わからないもんですね。

そのイタリア製のバイクはオルタナーター(交流発電機)ですか、それもともしやダイナモ(直流発電機)ですか?

投稿: ディドリ | 2007.07.09 20:34

こんばんは
やはり、バッテリーのコンディションは重要ですね。
私のモンディアルtは、バッテリーが弱いとアイドリング不調だけでなく、特にアイドリング時にライトを点けたりエアコンを入れるとタコメータが若干ハンチングしたりもします。
コンディションが良い場合や走行時は全く問題ないのですけど。
詳しく調べた訳ではないのですが、オルタネータの出力が少なめかもしれません。
しかし、80年代以前の某イタリア製バイクのように、走行しててもライトを点けているとバッテリが上がってしまうのに比べると、笑って済ませられる程度だと思います。
それにしても、止まるときのヒールアンドトゥのテクニック、私も似たような技を身につけてしまいました。

投稿: ビーマーのおっちゃん | 2007.07.08 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルシェをユーザー車検で通す | トップページ | 2CVにETCをつける »