« チンクチェントと走る | トップページ | フェラーリの夏:エアコンとの闘い »

2007.07.26

2CVのタイヤを交換

2CVのタイヤは125X15という他ではないサイズのタイヤで、現在では唯一ミシュランが生産しています。私のは2002年のものがついていまして、大分ひび割れてきました。高速は乗らない方が良い、というアドバイスを受けて交換することにしました。

しかし今は125Xのサイズはどこにもありません。代替可能なタイヤとして135X15があります。これは漸く6月下旬に国内に入荷したようです。私としてはオリジナルサイズの125Xにこだわりたかったのですが、リスクを抱えてまで今の125Xをは使い続けるのもいやなので、今回は135で交換しました。

125と135では1cmの幅の違いです。本来135の方が径が大きいはずなんですが、並べてみると125の方がやや大きいのが不思議です。135はSRで扁平率でいうと82なんですが、もうちょっと低いようです。135SR15はビンテージのビートル用のサイズなんだそうです。

2cv_tire

履いているのが135で横に並べたのが以前履いていた125X15です。

交換後、乗り出してびっくり。乗り心地が数段向上しています。路面の細かい凹凸を拾わなくなりました。これはシャーシにもいいはずです。フロントの空気圧は今までの1.4よりも高めの1.8に入れてもらったにも関わらずです。 幅が太いのでブレーキング性能もちょっとアップしているかと思います。今まで交換しなくて損をした思いです。

|

« チンクチェントと走る | トップページ | フェラーリの夏:エアコンとの闘い »

コメント

ディドリさん、こんばんは。

乗り心地が改善されたようで安心しました。

2CV. 調べましたが、今の時代にも十分通用することがよく分かりました。発表当時から環境を考えた燃費の良い素晴らしい車だったのですね。
残念ながら、現在は生産していないとお聞きしました。
この2CV. ディドリさんに嫁いできて本当に良かったと思います。

投稿: タイヤラボ | 2007.07.26 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チンクチェントと走る | トップページ | フェラーリの夏:エアコンとの闘い »