« チンクチェントと2CV | トップページ | 360モデナのクラッチ交換 »

2007.06.04

クランクかけでのエンジン始動

2CVはスターターモーターもついていますが、手動によるクランクかけでエンジンが始動できる数少ない(もしかしたら唯一の)車です。

以前ご紹介したビデオでもやってみましたが、1週間ほど朝晩毎日手動でのエンジン始動をトライしてみました。その結果、2回に1回はかけることができました。結構難しく、油断すると逆回転して手を傷めます。スターターモーターの登場以前には、ケッチンといって逆回転で爆発して腕を折ったり腰を痛めたりした人が大勢居て、中には亡くなった人もいたのだそうです。

2cv_cranking

エンジンが温まっているときよりもコールドスタートの方が、チョークを引けばいいのでエンジンはかかりやすいです。しかしチョークの引き具合も温度によって程度があり、なかなか難しいです。電子制御のエンジンになれると、キャブレター式のエンジンは特にホットスタートにてこずります。

|

« チンクチェントと2CV | トップページ | 360モデナのクラッチ交換 »

コメント

タイヤラボさん、こんにちは。はい、私は見ていませんが007にも2CVが出ていたそうですね。うちのカミサンはアランドロンの映画を覚えていました。

イタリアの交通事情、面白いですね。やはり小型車が多いようですね。

投稿: ディドリ | 2007.06.11 05:51

ディドリさん、こんにちは。(ご無沙汰してます。)
ツーシーとの生活、楽しそうですね。
昔の映画、007でしたか、ボンドガールがこれに乗って走っている姿を思い出しました。

投稿: タイヤラボ | 2007.06.10 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チンクチェントと2CV | トップページ | 360モデナのクラッチ交換 »