« コンディションの維持 | トップページ | 2CVのオイルクーラー »

2007.05.27

ポルシェのブレーキ

通勤に使って燃費が悪く、余り使い勝手がよくなかったのと、車4台分の自動車税で弱気になって売ろうかと考えたポルシェですが、やはり乗り続けることにしました。来月またサーキット活動再開です。その前にまずブレーキパッドをサーキット用のパジッドに戻しました。

Porsche964_brake

ポルシェ911 964のブレーキはローターは前後で径が異なりますが、パッドは前後とも同じサイズです。特徴は通常の車ではパッドセンサーは前後1個ずつ合計2個なのに対し、この車はすべてのパッドについていることです。つまり車1台で8個です。しかしパッドセンサーは熱でぼろぼろになってしまうので、一度外すと再利用は難しい状態でした。どうせパッドはしょっちゅう入れ替えるのだからとセンサーは外してケーブルはビニールテープでブレーキの配管にくくりつけてあります。

2CVからポルシェに乗り換えたら速いこと、ブレーキの効くこと、エンジンのスムーズなこと、びっくりです。29馬力から250馬力と約10倍の世界ですから。

|

« コンディションの維持 | トップページ | 2CVのオイルクーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンディションの維持 | トップページ | 2CVのオイルクーラー »