« 初めて自分でオイルを交換 | トップページ | ビアンコの612スカリエッティ »

2007.04.14

ポルシェのブレーキパッドを交換

アルピナをお店に預けてしまったので、当面の通勤はポルシェで行くことになります。それにはまずキーキーうるさいブレーキを何とかしなければということでブレーキパッドの交換をしました。

今使っているブレーキパッドはPagidのRS4-4という高性能パッド。サーキット走行に最適でポルシェ使いとして有名なかの中谷明彦氏もお勧めのパッドです。昨年12月に装着してまだ5ヶ月で、走行距離は1,000km程度、パーツ代だけで1台分で8万円もしましたが早くも交代です。

新しいパッドはヤフーオークションで東京パーツコミュニケーションというところが出品しているデルファイ・ロッキードの低ダストパッドで、なんと1台分で1万3千円ちょっとです。

BMWやアルピナではやったことがありますが、ポルシェのパッド交換は初めてです。様子がわからず最初の1箇所は苦労しました。2箇所目、3箇所目からは大分楽になりました。

964のブレーキはブレンボ製です。オリジナルのキャリパーは黒ですが、この車は赤に塗装してあります。通常の車の場合、パッドセンサーはフロントは左1箇所、リアは右1箇所の合計2箇所にしかありませんが、964の場合、パッドセンサーが各キャリパーのパッド両方についてまして、合計8個もあります。これを外すのが厄介でした。

Porschebreak2

これはまだ交換前なので、パッドはパジッドです。今回交換するロッキードと比較して厚みは1mm程度しか減っていませんでした。

ロッキードのパッドも悪くありません。通常の走行での効きは十分です。特にグリースは塗布しませんでしたが、裏側に薄いゴム膜のようなシートがついていて、これが鳴き防止に役立っていると思います。前後とも両側に2つの4ポッドタイプで、キャリパー自体を外す必要がないので、パッドの交換自体は楽でしたし、難しくありませんでした。

ポルシェのブレーキの特徴は、パッドが前後とも同じサイズなことです。ローターは異なりますが、通常の車ではパッドもフロントが大きく、リアは小さいので、さすがわリアに加重がかかるRRだなと思いました。

Porschebrake3

本日は天気が良く、初夏のような陽気だったのでのんびり昼をはさんで3時間くらいかけてやりました。

|

« 初めて自分でオイルを交換 | トップページ | ビアンコの612スカリエッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めて自分でオイルを交換 | トップページ | ビアンコの612スカリエッティ »