« オルタネーターのブラシ交換 | トップページ | 春のフェラーリ »

2007.03.18

モンディアルtのエンジンを下から覗く

リフトアップしたモンディアルtのエンジンを下から覗いてみました。一番左が燃料タンクで、ここは下にカバーがついています。その右がエンジン、2本の赤いケーブルはミッションのケーブルです。中央の銀色に光っているのがミッション、その隣の右のがクラッチとフライホイールのハウジング、右端がマフラーです。

Ferrari_mondial_t_engine

エンジンの下にも本来カバーがあるのだそうですが、私のには付いていません。付いている人いますか? > モンディアルオーナーの皆様

数多くのフェラーリを見てきたタイヤラボのご主人によると、355までのフェラーリでエンジンの下がさらさらになっているのは少ないのだそうです。(通常はオイルでしっとりしているらしいです)私のもよーく見ると、前側のカムシャフトホルダーの下は左右両バンクともちょっとオイルが垂れています。

|

« オルタネーターのブラシ交換 | トップページ | 春のフェラーリ »

コメント

ついてます、カバー。ルーバーが切ってあります。そこからOilダレも、、、、。積年の染み出しのようです。
ディドリ号のオイルパン、いやドライサンプだからクランクケースかな?綺麗ですね。モンちゃんのカバーをはずしたら恐ろしいことになってそうです(^_^;)

投稿: もんじろう | 2007.03.28 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オルタネーターのブラシ交換 | トップページ | 春のフェラーリ »