« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.18

モンディアルtのエンジンを下から覗く

リフトアップしたモンディアルtのエンジンを下から覗いてみました。一番左が燃料タンクで、ここは下にカバーがついています。その右がエンジン、2本の赤いケーブルはミッションのケーブルです。中央の銀色に光っているのがミッション、その隣の右のがクラッチとフライホイールのハウジング、右端がマフラーです。

Ferrari_mondial_t_engine

エンジンの下にも本来カバーがあるのだそうですが、私のには付いていません。付いている人いますか? > モンディアルオーナーの皆様

数多くのフェラーリを見てきたタイヤラボのご主人によると、355までのフェラーリでエンジンの下がさらさらになっているのは少ないのだそうです。(通常はオイルでしっとりしているらしいです)私のもよーく見ると、前側のカムシャフトホルダーの下は左右両バンクともちょっとオイルが垂れています。

| | コメント (1)

オルタネーターのブラシ交換

アルピナB3のオルタネーターのブラシの交換を電装屋さんにお願いしています。

オルタネーターのブラシは国産でも輸入車でも大体15万キロ前後が交換時期なのだそうです。私のは一昨年13万5千キロの時にオルタネーターのベアリングを交換してもらったとき、ブラシはあと1万キロだね、と言われていまして、今ちょうど9千キロの累計14万4千キロになりました。

B3のオルターネーターは140Aと12年前の車にしては大容量です。国産では最近でこそ150Aクラスも珍しくなくなりましたが、一昔前までは国産も輸入車もオルターネーは100A前後が普通でした。

Alpina_alternator

写真中央で銀色に光っているのがオルタネーターです。(前回ベアリング交換のときにサンドブラストで磨いてくれたようです) ボッシュ製です。ブラシだけで部品がでるかどうか、レクティファイアーと一緒だとちょっと高くなりますが、それでも1万円程度だろうと思っています。(確定したら改めてご報告します。)

| | コメント (0)

2007.03.17

エンジンサウンド

先般、タイヤラボさんでタイヤを交換してもらっているとき、ショールームで待ちながらご主人が私の車をリフトに移動させる聞いていていました。カウンターの中で仕事をされていた奥様から「フェラーリのエンジンの音は他の車と違って良い音ですね。」と言われ、自分もまったく同様に感じて聞いていました。自分の車のエンジンの音をちょっと離れた場所で聞くと、自分で言うのも何ですが確かに惚れ惚れするような良い音で、自分で乗っているときに聞く音とはまた別な感じです。「良い音なんですが、長時間乗っていると疲れます。」と申し上げたら、奥様は笑っておられました。

Ferrari_mondial_t6

話は変わりますが、先般東京は新橋駅近辺の交差点で、ベントレーのコンチネタルGTでしょうか、最近の2ドアクーペモデルがエンジンをかけて発進する音を偶然聞きました。VW製のW12気筒エンジンだと思いますが、音量は控えめながらも存在感ある、しっとりとしたいかにも高級な気品あるサウンドで、思わず感動してしまいました。

| | コメント (0)

2007.03.15

ポルシェのエアコン修理(2)

ポルシェのエアコン修理の途中経過です。

Porsche964_compressor2

コンプレッサーをリビルトのものに交換しました。お値段は約4万円。新品は23万円以上ですから、格安ですね。デンソー製です。Porsche964_compressor1

これがガス漏れし、異音がでていた古いコンプレッサーです。本来R12のガス用ですが、R134aの口もついていました。

Porsche964_condensor1

トラブルの原因のひとつは、車体前方左フェンダー内部、バンパーの裏側についているコンデンサーの電動ファンのスイッチが入ったり入らなかったりしたことだったそうです。

Porsche964_condensor2   

場所はここについています。

そのほか、フロントにあるエアコンの圧力スイッチの中が錆だらけだったそうです。また消耗品のリキッドタンクも交換してもらいました。

これだけ修理して費用は約10万円の予定。国産車のエアコン修理とさほど変わらないように思います。

| | コメント (0)

タイヤ交換

本日は母親の白内障の手術の付き添いのため仕事を休みましたが、手術の付き添いそのものは午後の2,3時間なのでその前に午前中タイヤ・ラボさんに行きましてタイヤ交換をやっていただきました。

Ferrari_tire_change

Ferrari_mondial_t5_2

グッドイヤーのイーグルF1はブリジストンの050よりややソフトでしっとりした感じで、モンディアルに合うタイヤかもしれません。

| | コメント (0)

2007.03.10

モンディアルのタイヤ交換

前輪だけにしようか、四輪とも交換しようかと考えた末に、やはり四輪とも交換することにしました。今度のタイヤはグッドイヤーのイーグルF1。割と安かったので、全部交換です。お値段は4本で6万円台と、ブリジストンの050Aに比べると2万円以上お得でしょうか。

1台分のタイヤの値段が6万円台とは、さすがわ昔のフェラーリならではで、今のはこうはいきませんね。まあサーキット走行をすればタイヤは1日で履きつぶして当然ですから、仕方がないところです。ドリフト走行をする人は1日で数セットのタイヤを履きつぶすとか。またタイヤラボさんによると、同じスポーツ走行でも筑波サーキットを約1分というプロ並の速さで走るある方の360モデナは、値段は聞きませんでしたが間違いなく高価なSタイヤやスリックタイヤを30分のセッションで履きつぶすのだそうです。

Ferrari_mondial_jackup

モンディアルのジャッキアップポイントはタイヤの前にありますが、ガレージジャッキではそこでジャッキアップすると古い車の場合ゆがむ場合があるのだそうです。タイヤラボさんではそのため、ロングのジャッキを2本使って後ろからエンジンフレームのところに当ててジャッキアップしてくれています。

| | コメント (0)

ポルシェのエアコン修理

昨年は効いていたポルシェのエアコンですが、今年は効かなくなってしまいました。冬の間時々コンプレッサーを回しましたが、そのたびにダッシュボードの裏側のエバポレーターの辺りから金属音のような音が聞こえていましたので、冷媒(R12)が漏れていたのでしょうか。

別にエアコンは使わないので直さなくても良いかとおもったのですが、Kさんに尋ねると、「冷媒が漏れるということは、どこかに穴が開いているということだから、逆に空気が中に入り、湿気によって配管内部が錆びるとそれがエキパンの詰まりの原因になることがある」ということ。それでは後々の修理にお金がかかるので、早速電装屋さんにもって行きました。

案の定、冷媒は抜けきっていました。ということで車は預けてきました。

Porsche964_inside

この内装の色はワインといって、不人気色なんだそうです。

| | コメント (0)

2007.03.07

CG4月号はお勧め

カーグラフィック誌4月号が今書店で発売されていますが、過去CG-TVで放映されたスポーツカーの映像がDVD付録で付いていまして、これはお勧めです。

フェラーリ関係ではF40, 348tb, F40 Evoluzione, F355, F50, Enzo Ferrariが収録されています。某T社のフェラーリDVDよりもよほど面白いです。思わず見入ってしまいました。

| | コメント (2)

2007.03.05

道楽とは

タイヤラボさんが私の車道楽について解説してくださったのを拝見して、自分でも車道楽について日ごろ考えていることを書いてみます。

道楽とは、道(みち)を楽しむ、と書きます。道(みち)というのは道路のことではなくて、茶道、華道、柔道、剣道、武士道という言葉に使われるような意味です。日本の伝統的な芸術文化や武道というように、単なる「お茶を飲む」「花を生ける」「格闘技の技を磨く」というような活動を発展させ、それを精神的な価値まで含む芸術、文化にまで高めたものです。日本の伝統文化が道というように精神修養的な要素を持つに至った背景には、それらが仏道と自らを呼ぶ禅宗の影響を深く受けており、さらに日本には古来、道教の影響もあったからではないかと思っています。

車道楽はそこまで至りませんが、車を通じて人生を楽しむ、というとろに存在意義があるかと思います。道(みち)というのは、どこかに到達するまでの過程ですが、旅行でも同じく、たどり着くまでの過程が一番楽しいところだと思います。だからわざとゆっくり道(みち)を歩むのが楽しみ方のひとつだと思います。

道楽と言うくらいですから、もちろん本業ではなくて、それゆえに効率を追求したり急ぐ必要がありません。好きな車を本業にしようかともちょっと考えましたが、そうすると趣味が仕事になると楽しむ余裕はなくなり、趣味がひとつ減るということを考えました。そういえば今の仕事もかつて20年前は趣味のひとつから始まった延長線上にあります。

私はフェラーリ・モンディアルtを購入して、抱えていた問題点を直して車を仕上げるまでにかなり急いでしまい、2年でほぼ理想に行き着いてしまいました。しかし、車が一通りまともな状態になってしまってからはちょっとつまらなくなり、もっとゆっくり楽しみながらやれば良かったと反省しています。

ポルシェも幸い?色々と問題を抱えていることが分り、調べたり直したりしていく楽しみがまたできました。こちらは時間をかけてゆっくり楽しんで行きたいと思っています。また、道(みち)を歩んでおりますと、道中いろいろな出会いがあります。道(みち)を通じて同好の士と知り合い、交流するのはまたこれ楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

タイヤのフラットスポット

先週のサーキット、スポーツ走行でブレーキがロックしてできたフラットスポットのおかげで乗り心地がガタガタになったモンディアルですが、週末を利用してチェックしてみました。

まず土曜日は午前中一杯を使って自宅でタイヤを1個ずつ外し、サーキットで付いたタイヤかすをナイフで削りながらチェックします。やはり左前輪にフラットスポットがありました。

日曜日はタイヤラボさんに相談に行きましてチェックしてもらいました。タイヤラボさんはほとんどすべてのフェラーリのタイヤに精通されているらしく、親切でかつ非常に信頼がおける方です。ちょっと試乗してもらって、やはり前輪は交換しかないということに。後輪は外して機械にかけて回してもらったところ、右に少々のフラットスポットがありました。我慢できなくはないレベルだそうで、140,50km/h位まで出すと振動が出るでしょうとのこと。

さて前輪だけ交換するか、4つとも交換するか、思案中です。

Ferrari_mondial_at_tire_labo

モンディアルの純正ホイールは328の後期型、ABS付のものと同一で、メーカーはスピードライン製、内側の刻印で製造年月が分かるそうです。これも最近生産中止となり、中古相場は高騰中だそうです。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »