« アライメントって大事ですね | トップページ | 男の隠れ家 »

2006.12.31

改めてポルシェの凄さを実感

モータージャーナリストでプロレーシングドライバーの中谷明彦さんといえば、ポルシェ964使いとして有名ですが、2002年に書かれた「ポルシェ911ドライビングバイブル」を読むと、ポルシェの凄さが色々書かれています。

エンジンについては、国産とは段違いの精度で優れた素材を使い完璧なバランスで組まれ、通常だとレースカーに使われるものが標準で提供されており、それを考慮すると大変安いということ。

ブレーキでいうと、964出現当時は唯一レースでも実用になるABSを装備していたこと。

ボディでいうと、993以前は国産よりも分厚い鋼板を使い(別な本によれば通常国産車は1mm以下の鋼板だそうですが、ポルシェは1.2mmなのだそうです)、サーキットで時速180km以上で正面からノーブレーキでコンクリート壁に激突しても、ドアが開いてドライバーが自力で降りられたとここと。国産車でも最近は高剛性ボディをうたう車は多いですが、ハンドリングに影響するシャシー剛性と衝突安全性の両方を備えた剛性は余りないことなどなど

以前から国産のレースカーはどんなに補強してもボディは1年しか持たないのに、ポルシェは事故っても板金すれば何年もボディが使えるので却って安いとは聞いていましたが、こんな凄いポルシェが中古車では国産新車と変わらない値段で購入できるなんて、良い世の中だなと思いました。

Porsche911_964_side

|

« アライメントって大事ですね | トップページ | 男の隠れ家 »

コメント

hiloさん、こんにちは。今のポルシェもいいですが、930だと100万円台でも手に入りますよ。最も実用性ということでは水冷になった以降の方が優れていると思いますけど。今年もよろしくお願いします。

投稿: ディドリ | 2007.01.01 20:21

いつかはポルシェに乗りたいですね。今の911が中古で値段が手頃になったら買いたいなー。宝くじ当たらないかなー。来年もblog楽しみにしております。

投稿: hilo | 2006.12.31 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アライメントって大事ですね | トップページ | 男の隠れ家 »