« モンディアルの後継はマセラティ? | トップページ | RUF CTR »

2006.11.04

550マラネロ

ヒストリック・オートモービル・フェスティバルで一緒に走ったブルー・ルマンさんのフェラーリ550マラネロです。

550マラネロはテスタロッサ、512TR、F512Mの後継となる新世代12気筒2シーターフェラーリで、エンジンはフロントに搭載され何と5,474cc V12 485馬力、最大トルクは58mkg/5,000rpmです。馬力はともかく、トルクではF50を上回りますね。重量は1,690kg。メーカーの主張する0-400m加速は12.5秒。最大速度320km/h!

Ferrari_550maranello

同じフェラーリでもモンディアルとは大違いです。ブルールマンさんは強大なトルクを生かして、私が2速にシフトダウンするコーナーもすべて3速で回ったとか。課題はタイヤが重量に負けてしまうのだそうです。

Ferrari_550maranello2

色も非常につややかで深みのあるブルーですね。

Ferrari_550maranello_engine

|

« モンディアルの後継はマセラティ? | トップページ | RUF CTR »

コメント

ブルー・ルマンさん、コーナーの50M手前からのブレーキングとは結構効くではありませんか。私もパワーがないのでコーナリングの突っ込みで勝負しますが、普通の人はストレートエンドでは100Mちょっと過ぎたところからブレーキングしますよ。巨大なドリルドローターはさすが効きも凄いんですね。12月14日に筑波サーキットでカシオペア走行会というのがあるんですけど、行きます?

投稿: ディドリ | 2006.11.05 16:33

ディドリさん、正直な所、乗れてませんでした(笑い)取り合えず、タイヤは5年落ちのポテンザS-02の6部山、前後空気圧を2.2にしただけでした。ストレートの立ち上がりの6500までは、恐ろしいまでの加速でしたが、コーナーの手前50Mからは、完全にフルブレーキで、4速から3速にシフトダウンし、タイヤを持たせる為に、可能な限り大きなラインを取りました。それでも、最後に2周の裏の大きなへピンでは、タイヤが垂れて、曲がりきれなくなり、アウトの縁石まで使ったハーフスピン状態のコーナリングでした。これからは、ディドリさんに負けないように、精進し練習に励まなくてはと思います。

投稿: ブルー・ルマン | 2006.11.04 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/12563758

この記事へのトラックバック一覧です: 550マラネロ:

« モンディアルの後継はマセラティ? | トップページ | RUF CTR »