« スーパーカーコレクション(2) | トップページ | スーパーカーコレクション(3) »

2006.11.15

欧州車から学んだこと

欧州車に17年間乗り継いでいます。ここから学んだことは、車を通じて窺い知った欧州の文化です。

日本人はとかく新しいモノを尊びますが、ヨーロッパの人は古いモノを大切に使うことを尊ぶように思えます。車はもちろん、身の回りのものでも、たとえば靴ですが、欧州の人は良い靴を長く履くように思えます。私も最近は靴は古い方が良いと思っています。はきなれた古い靴を大事に手入れして長く使う。私の普段使う靴は10年以上使っています。長い間使うためにはモノはそれ相応に良いモノでなければなりません。仕事場で普段はいているのはイギリスのチャーチズの靴で、17年前バブル時代に5万円くらいで買ったものです。今まで数回大きなメンテをして、そのコストは買ったときの値段を超えていると思います。イギリスの靴は丈夫で、親子で1足の靴を2代数十年履いている人を知っています。手ごろな価格の日本の靴を毎年、あるいは数年で履き替えるよりも、クオリティの高いイギリスの靴を数十年使うほうが奥ゆかしく、かつコスト的にもそれほど変わらないと考えています。

ポルシェやボルボは過去に生産された車の7割以上が今も現役というような広告をしていたと思いました。車の寿命が10年といわれる日本車では考えられないことです。古い車を捨てて燃費に優れる新型車に乗り換えるのもエコロジーでしょうが、車を作るにも廃棄するにもエネルギーを使うことから、1台の車をメンテしながら使い続けることもまたエコロジーだと思います。不思議なもので古い車もそうやってきちんとメンテしながら使い続けると風格のようなものがでてきます。これがこれでまた日本車とは違う楽しみ、味わいがあります。

|

« スーパーカーコレクション(2) | トップページ | スーパーカーコレクション(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーカーコレクション(2) | トップページ | スーパーカーコレクション(3) »