« ポルシェ整備の作法 | トップページ | エンジンルームの清掃 »

2006.10.08

モンディアルのフューズ&リレーボックス

モンディアルのフューズとリレーボックスはフロント左側にあります。まさにとって付けたような感じでついています。カバーがなかなかきちんと締めることができません。これをきちんと締めることができるのはプロだと思います。私は何度やっても締められたことはありません。

Ferrarifusebox

このヒューズボックス、部品の値段は10万円以上だったと思います。(幾らでしたっけ、ブルールマンさん) ヒューズやリレーがそれぞれどこの部品に対応するものかを印刷したシールですら相当の値段が付いていたと思います。つくりが悪く劣化してくると接触不良が多いのか、後付の電装品(カーナビなど)が悪いのか分かりませんが、結構こげているのも多いようです。私のも例に漏れず一部焦げています。

|

« ポルシェ整備の作法 | トップページ | エンジンルームの清掃 »

コメント

のりっくさん、こんにちは。348は室内にあるのですか?と驚きましたが、普通の車もそうですね。考えてみると。私の車はFもBもPもすべてボンネットフード側にあります。

投稿: ディドリ | 2006.10.09 03:42

348のは助手席足元にあります。
私ので焦げてたのは…エアコンのメインリレーですね。今年はついに動かなくなったので、配線を引きなおしました。あとは大丈夫だと思うんですけど、怪しいなぁ。

投稿: のりっく | 2006.10.08 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/12200856

この記事へのトラックバック一覧です: モンディアルのフューズ&リレーボックス:

« ポルシェ整備の作法 | トップページ | エンジンルームの清掃 »