« アルピナとサーキットに思う | トップページ | 低ダストパッドでローターをだめにした話 »

2006.10.04

BMWのブレーキ

E36 Alpina B3 3.0/1のブレーキはノーマルのBMW 325iと同じ何の変哲もないシンプルなシングルポッド片押しのキャリパーで、径も15インチのホイールが入るほどで大きいとはいえないものです。しかし、制動力は国産の最新の最新の高性能車や最新のポルシェにすらひけをとりません。ツインリンクもてぎのロードコースでプロドライバーの運転するHONDA S2000に同乗する機会があったのですが、ストレートエンドで時速180kmからのブレーキングポイントはS2000もAlpina B3も変わりませんでしたし、上級クラスを走るポルシェをみても同様でした。
その代わり1日走ったらローターは円周状に溝ができてしまいましたが。

Alpinab3break
(写真は5月に撮影したローターが奇麗な頃のブレーキ、ディスクローターはプロジェクトミュー、パッドも同じプロジェクトミューのユーロエコです。)

|

« アルピナとサーキットに思う | トップページ | 低ダストパッドでローターをだめにした話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704035

この記事へのトラックバック一覧です: BMWのブレーキ:

« アルピナとサーキットに思う | トップページ | 低ダストパッドでローターをだめにした話 »