« フェラーリ クロノグラフ | トップページ | 2回目のヒストリック・オートモービル・フェスティバル(2) »

2006.10.28

2回目のヒストリック・オートモービル・フェスティバル(1)

本日はヒストリック・オートモービル・フェスティバルのフェラーリ・マセラーティ・スポルティーバでツインリンクもてぎのサーキットを走ってきました。会場にはモンディアル・オーナーズクラブの仲間が多数来られ、ブルー・ルマンさんは550マラネロで一緒に私の後ろから走られました。

モンディアルでサーキットを走るのは1年ぶりということで最初はヒール・アンド・トゥが全然決まりません。途中から漸く慣れたと思ったら、ブレーキが効かなくなり危うくスピンするところでした。その後の2週はクールダウンで走りました。最後はまたチェッカーフラッグの直前で時間が来ましたのでリタイアしました。

Ferrarimondialatcirkit

一緒に行った友人のH君がパッドクの上から写真を撮ってくれました。

今回の動画は悪名高きYou Tubeに掲載しましたのでお楽しみ(お笑い)ください。時間はYou Tubeの制限で10分以下に編集しました。

この画像をクリックすると動画が始まります。 http://www.youtube.com/watch?v=QuoUToleK2I をクリックしてもOKです。

|

« フェラーリ クロノグラフ | トップページ | 2回目のヒストリック・オートモービル・フェスティバル(2) »

コメント

みなさま
沢山のコメントありがとうございました。速いように見えて、実はペースはビデオ画面で計ってみると1周2分40秒台とゆっくりしたものです。44歳からスポーツ走行を始めて丸一年、その間半年のブランクがありましたが、この程度まで楽しめるようになりました。もんじろうさんも来年は一緒に走りましょう。ブルー・ルマンさんまた来年もよろしくお願いします。今はブレーキの強化を考えています。10月8日はポルシェで同じコースを走ってきますんで、欧州車道楽の方でビデオを公開したいと思っています。 > stkicさん ちなみにウェットの昨年と異なり、この走行セッションではコースアウトや事故の車両はなかったと思います。フェラーリトロフィーでは多少あったようですが。

投稿: ディドリ | 2006.10.31 07:53

ディドリさん、お世話になりました。ビデオを観るとやはり、あの周回はブレーキングポイントが奥過ぎて、減速し切れずオーバースピードになり、ブレーキを踏んだまま、コーナーに入りタイヤをロックさせる状態になった様です。モンディアルのブレーキが能力的に使い物にならない訳でなく、ディドリさんが、つい熱くなってしまったせいだと思います。今度は一緒にモンディアルで走りましょう。

投稿: ブルー・ルマン | 2006.10.30 23:17

結構なアベで走ってますね! 

私が参加したチャオイタのスポーツ走行ではガヤルドが大破しました。 事故はありませんでしたか?
ちなみに私はファミリーランでストレートのみ頑張る!そんな感じでした。 

投稿: モン吉 | 2006.10.30 21:42

You Tubeすごい迫力でした、、、。ドライは去年のハーフウェットとは違いますね。来年こそはスポ走と思いましたが、だいぶ練習しないと付いて行けそうにありません(^_^;)

投稿: もんじろう | 2006.10.29 22:29

ビデオ拝見しました!パレードランみたいなのかと
思ったら、遠慮なく振り回していらっしゃるので
驚きました。フェラーリを楽しんでおられるようで、
うらやましいです!
自分も久しぶりにサーキットに行きたくなりました。
こんどはアルピナやポルシェのビデオもぜひ見せて
ください!

投稿: stkic | 2006.10.29 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/12465020

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目のヒストリック・オートモービル・フェスティバル(1):

« フェラーリ クロノグラフ | トップページ | 2回目のヒストリック・オートモービル・フェスティバル(2) »