« モンディアルのツーリング | トップページ | 今年もヒストリック・オートモビル・フェスティバル・イン・ジャパンに参戦 »

2006.09.10

Alpina B3のオイル交換

真夏の間は暑くて車いじりができないため、長い夏休みを頂いていましたが、9月に入って涼しくなったのでまた再開です。

まずはAlpina B3のオイル交換から着手しました。6月にエンジンのリフレッシュをして、洗浄剤を抜いた後オイルを入れましたが多少は抜け切れていない洗浄剤が残っているため、確か1,000km程度走ったら再度オイル交換してください、と言われていたと思います。この間、8月に旅行に行ってこれだけで1,000km位走ってしまったため、合計で2,000km弱も走ってしまいました。

今回用意したフィルターはClub BMW3に広告を出していただいているユーロカーパーツ・ジャパン・ドット・コムさんから送っていただいたMAHRE社のKNECHT Microstarというサードパーティのフィルターです。お値段は格安で、純正部品が1,365円のところ、こちらは819円。(それぞれ1個の価格)。MAHREはヨーロッパでは良く知られた社外品のメーカーですから、モノは悪くありません。通販なので送料がかかりますが、消耗品なのでまとめ買いしておけば元は取ることができます。

今回Alpina B3 3.0/1用として送っていただいたのはOX68Dというタイプ。E36 325i M50エンジン用と同じものです。しかしMAHRE社のサイトで適合品を検索するとAlpina B3 3.0/1用はOX152D? ちなみに純正は11 42 730 389、OX152Dに相当する純正番号もOX68Dに相当する純正番号もまた違う番号です。??? でも形状は今装着している前回正規ディーラーでAlpina用として購入したものと形状はまったく一緒なので、装着は問題ありませんでした。 う~ん、良く分かりませんが、問題なく装着しているので良しとしましょう。

9月とはいえ、天気予報では日中の最高気温は30度を越しそうなので、日曜の朝にも関わらず午前6時から準備開始です。なにしろ道具類があちこちに分散されておいてあるので、それを一箇所に集めるところから始まりますから手間がかかります。ウマをかけて抜いたオイルは2,000km弱の走行距離にも関わらず結構真っ黒でびっくり。抜けたオイルが6リッター程度なのに、入ったオイルが7.5リッターで、これもびっくり。そういえばオイルレベルを最近チェックしていなかったけど、2,000km弱程度でそんなに減っていたんでしょうか。

今回入れたオイルは前回同様、カストロールのフォーミュラRS 10W-50。5月にホームセンターの安売りで4リッター缶が2,950円で売られていたものを纏め買いしておいたものです。(こういうのをバーゲンハンターというそうです。)

Alpinab3_1
朝日が差し始めた午前8時ごろにようやくオイル交換作業は終わりました。たかがオイル交換ですが、結構作業は毎回大変です。自宅にリフトがあればもっと楽にできるんでしょうけど、そういう人はほとんど聞いたことがありません。普通の人はお金を払ってでも頼むのが正解ですね。廃油はいつものガソリンスタンドで無料で引き取ってくれます。(悪いので数百円を置いてきますが)

|

« モンディアルのツーリング | トップページ | 今年もヒストリック・オートモビル・フェスティバル・イン・ジャパンに参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704028

この記事へのトラックバック一覧です: Alpina B3のオイル交換:

« モンディアルのツーリング | トップページ | 今年もヒストリック・オートモビル・フェスティバル・イン・ジャパンに参戦 »