« エンジンリフレッシュと進化剤その後 | トップページ | キダスペシャルのサウンド3 フェラーリモンディアルt »

2006.07.03

ポルシェの凄さ

ポルシェに乗ったり、整備して凄いと感じるのは、その剛性です。非常にがっちりとしていて運転していてもわかりますし、部品をみても納得します。

たとえばリアのアーム、アルミの鋳造製のようですが、直径は細いところで8cm、太いところは12cmもあります。BMW E36は鉄ですが6cm程度です。アルミは質量が鉄の1/3、強度は2/3なので、アルミの場合は鉄の1.5倍の太さが必要です。断面積は2乗として、BMW E36に比べてポルシェのアームは1.8倍から4倍の強度を持っているといえるのではないでしょうか。

Dsc05974

11万5千キロ走行している車なのに、ボディはがっしりとしていてとてもそんな距離を走ったとは感じられません。内外装もきっちりしています。メーター読み走行距離3万5千キロのフェラーリよりもよほどしっかりしています。ブッシュもまだまだ十分使えそうです。これでサーキットを走ったら速いでしょうね。私も秋になったらやってみようと思います。

|

« エンジンリフレッシュと進化剤その後 | トップページ | キダスペシャルのサウンド3 フェラーリモンディアルt »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジンリフレッシュと進化剤その後 | トップページ | キダスペシャルのサウンド3 フェラーリモンディアルt »