« ポルシェのリコンディショニングサービスを受ける | トップページ | フェラーリとポルシェ »

2006.07.18

水冷のポルシェは

996,997といった水冷のポルシェ911は、乗ったことはありませんが速いし快適だし、トラブルも少ないと言われ、スタイルも気に入っていますが、唯一エンジンが見えないところが物足りないと思いました。下記は996ですが、エアクリーナーダクトとスロットルボディ、オルタネーターなどの補機類しか見えません。

これがボクスターになるともっとすごくて、エンジンは上からも下からも見ることができません。オイルゲージもなく、冷却水のリザーブタンクも見えないので、オイルや冷却水の量はドライバーズシートのインパネの表示で見るしかないのだそうです。

フェラーリはほとんどすべてエンジンを良く見えるよう、見せ場にしているのに比べると大違いですね。360や430に至っては外からさえも透き通って見えるくらいですから。

Dsc06059
2002年式、走行2.3万キロの高年式の車ですが、手を入れてこなかったのかエンジンルームは余り綺麗ではありませんね。

Dsc06068
私の1992年式、走行11.5万キロの964はまだそれほど手を入れていませんが、このような状態です。

|

« ポルシェのリコンディショニングサービスを受ける | トップページ | フェラーリとポルシェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルシェのリコンディショニングサービスを受ける | トップページ | フェラーリとポルシェ »