« 意外とクールな空冷ポルシェのエンジンルーム | トップページ | やっとアルピナの足が完成 »

2006.06.03

ついに復活、モンディアル

サイドブレーキの異音はやはりトラブルが原因でした。
モンディアルtのサイドブレーキはハブ内蔵ドラムなんですが、これの調整ナット(アジャスター)が半分欠けてなくなっていました。その破片がブレーキシュー(写真)の外側に挟まっていたようで、そこにへこみができていました。

Dsc05874

右のブレーキシューは以前のオーナーが一度交換したようですが、左はオリジナルらしく、相当に錆びていましたのでブレーキシューは片側だけ交換しました。

欠けたアジャスターは真鍮でできていました。真鍮というのは銅に亜鉛を20%加えた合金で、加工がしやすく、錆びにくいのが特徴ですが、強度は鉄に劣るようです。普通の車はこのアジャスターは鉄できているそうで、普通とは違うことをやると問題がおこる良い例だそうです。

直している傍から別なところが壊れてくるモンディアルですが、これで完全復活です。とはいっても、細かいところはまだいくつか手を入れるところがありますので、当面楽しみには事欠きません。はぁ。(息)

|

« 意外とクールな空冷ポルシェのエンジンルーム | トップページ | やっとアルピナの足が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/10377652

この記事へのトラックバック一覧です: ついに復活、モンディアル:

« 意外とクールな空冷ポルシェのエンジンルーム | トップページ | やっとアルピナの足が完成 »