« ポルシェ911 (964)のフロントダンパー | トップページ | フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ »

2006.05.15

フェラーリのV8サウンドが格別な理由

以前も書きましたが、通常の乗用車のV8エンジンのクランクシャフトは回転バランスを考慮して0-90-180-90度スローという2プレーンクランクシャフトなのに対し、フェラーリのV8は0-180-0-180度スローという、シングルプレーンクランクシャフトを採用しています。2次振動という点では不利ですが、点火順序は左右交互、等間隔になり、脈動を生かす給排気ができるのだそうです。

これをもっとやさしく説明しているBlogの記事を見つけましたのでご紹介します。

http://kurumaseibi.livedoor.biz/archives/50197191.html

なお、最近のマセラティはフェラーリと同じV8ベースのエンジンですが、このクランクシャフトだけは通常のV8タイプになっているそうです。

|

« ポルシェ911 (964)のフロントダンパー | トップページ | フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/10069038

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのV8サウンドが格別な理由:

« ポルシェ911 (964)のフロントダンパー | トップページ | フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ »