« フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ | トップページ | やっとアームを交換 »

2006.05.25

相変わらずブレーキの問題

私のモンディアルt、実はブレーキには他にまだ問題があるようです。

4月くらいから、窓を開けて走っているとリアタイヤの方から、キュルキュルとかすかに鳥の囀るような音が聞こえます。時々ガキとかグキとか音もします。どうやらサイドブレーキが引きずられているようです。

ジャッキアップしてリアタイヤを回してみると、もともとブレーキパッドは常時接触しているのでクルクルと回るものではありませんが、左のリアは手を離しても半回転位は回るのに対し、右のリアは手で回し続けないと動きません。明らかに引っかかりがあります。

リスポスタさんに電話で聞くと、走行して軽くフットブレーキを踏んで音が消えるならばフットブレーキの引っかかり、サイドブレーキを1段か2段ノッチ位引いてみて音が消えるならばサイドブレーキの引っかかりが疑われるとのことでした。実際試してみたらサイドブレーキをちょっと引くと音が消えましてこれは再現性がありました。そこでサイドブレーキにひっかかりがあり、完全に戻りきっていないのではないかと疑っています。

実際過去の整備記録を見ると、サイドブレーキが引っかかって調整したというのがありました。モンディアルのサイドブレーキはハブ内蔵ドラム、ワイヤーがボディの下で露出しています。今週末にでも調整をお願いする予定です。

先のクラッチ交換で一通りの作業は完成してまともな車に仕上げたつもりでいましたが、まったく古いフェラーリに乗り続けるというのは、魅惑的な悪女に入れ込んで貢いでいるような感じで、車に献身的に奉仕しているような感覚にとらわれます。

|

« フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ | トップページ | やっとアームを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/10231023

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずブレーキの問題:

« フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ | トップページ | やっとアームを交換 »