« ロアーアームが外れず、リフレッシュは失敗 | トップページ | ポルシェ911 (964)のフロントダンパー »

2006.05.14

ブレーキ警告灯の問題(3)

連休開け後も相変わらずモンディアルtのブレーキ警告灯の問題を調べています。

昨年アメリカのItalianCarParts.comから送料込$217ちょっとで購入したフェラーリ純正ワークショップマニュアル(伊、英、独、仏語版)を読むと、英語は割と簡単に書かれていて大分理解できました。

この警告灯は、ブレーキフルードのリザーブタンクのレベルが規定値以下になるか、ブレーキブースターの圧力が規定値以下になった場合に点灯します。ブレーキブースターの圧力が下がると、ABSは機能せず、リアブレーキの力は徐々に失われます。ただし、それでもフロントブレーキはサーボはないものの有効です。というようなことが書いてあります。

ブレーキフルードはちゃんとあるので、サーボかな?と思いましたが、ブレーキフルード・リザーブ・タンクのマイクロスイッチのコネクタを外すと、警告灯も消えました。ということはブレーキフルードレベルのマイクロスイッチのエラーでしょうか? 

このマイクロスイッチは2つが並列で接続されていて、通常はオープンだが、規定値以下だとクローズになるそうです。ということは、常時クローズ、すなわち回路が接続された状態になっているということです。

マイクロスイッチのパーツ番号を、と思ってパーツリストを見ると、ありません。ということはリザーブタンク毎でないと交換できないのでしょうか? 

しかしこのブレーキフルード・リザーブ・タンクを覗くと、ブレーキフルードが白濁しています。またリザーブタンクからクラッチのマスターシリンダーにつながっているゴムホースがオイルの汗をかいています。(ゴムの劣化?) やはりこれはプロにもてもらう必要がありますね。まあ昨年何回かサーキットを走ったので、ブレーキフルードも交換するべきなのかもしれません。

しかし今回はトラブルを自分で解析するのにワークショップマニュアルが初めて役に立ちました。結局直せていないので、実際には役立っていないのかもしれませんが。

追記 やはりリーザブタンク毎でないと交換できないようです。ちなみにこのリザーブタンクの値段を見積もってもらったら、ネクスト・ワンさんで12万円!でした。

|

« ロアーアームが外れず、リフレッシュは失敗 | トップページ | ポルシェ911 (964)のフロントダンパー »

コメント

モン吉さん、こんにちは。いや、ノントラブルならそれに越したことはないかと思いますよ。これで完璧と思ったそばからトラブルが出るのはフェラーリならではですが。

投稿: ディドリ | 2006.05.16 16:12

なるほど勉強になります。 最近はノントラブルなんで何もしてません・・・ディドリさんみたいにシッカリ整備しないと!

投稿: モン吉 | 2006.05.15 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/10067905

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ警告灯の問題(3):

« ロアーアームが外れず、リフレッシュは失敗 | トップページ | ポルシェ911 (964)のフロントダンパー »