« フェラーリのV8サウンドが格別な理由 | トップページ | 相変わらずブレーキの問題 »

2006.05.20

フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ

モンディアルtのブレーキをSモータースのOさんに診てもらいました。

警告灯はリザーブタンクの油量センサー(スイッチ)の問題であることは以前書いたとおりでしたが、ブレーキの効きが弱い疑惑は、問題ないと診断されました。

効きが弱く感じられる理由は

1. パッド交換後、まだ走行が100-200km程度なので、パッドの当たりが十分ついていない。
2. フロントはデルファイの低ダストタイプなので、効きが悪い
のではないか、ということでしたが、最大の理由は

最近時々ポルシェに乗るので、それに慣れてしまうとフェラーリのブレーキが効かないように感じられる、ということであることに気が付きました。(1月22日に極秘プロジェクトPとして紹介したのは、ポルシェ911購入プロジェクトです)

ポルシェのブレーキの効きが良いことは有名です。それに比べこの時代のフェラーリはノーマルブレーキの効きはかなり落ちることは確かだと思います。

Dsc05560

今日は汗かきのホース(リザーブタンクとクラッチのマスターシリンダー間)のみを交換してもらい、他をチェックしてもらって帰ってきました。

|

« フェラーリのV8サウンドが格別な理由 | トップページ | 相変わらずブレーキの問題 »

コメント

964でしたか。判る人には判るのでしょう。Porsche素人の私には、横からですと964,993はあまり変わらないように見えてしまいます。
ヤレ具合も含めてイタリア車の面白さということにしておきませんか。ミッレ・ミリアなどは観戦だけですよ。参戦は夢ということで!!

投稿: marque | 2006.05.23 19:00

marqueさん、こんにちは。

フェンダーの前が隠れて見えませんが、手前の911は実は964(1992年)です。偶然にもモンディアルと同じ時代の車です。でも全然しっかりしていてモンディアルと比較になりません。(走行11万キロ以上なのに)

ところでmarqueさんのBlog拝見しました。ミッレ・ミリア行かれているのですね。良いですね。お車はマセラティですか?これも素晴らしい。リンクを貼らせてください。

投稿: ディドリ | 2006.05.23 08:15

ネタ違いですが、、、
手前にたたずむ993も趣きがあってよいですね!
既に993はクラシックPorscheの仲間入りのようですね。一度は所有してみたいものです。

投稿: marque | 2006.05.23 06:37

ブルー・ルマンさん、お久しぶりです。ローター研磨ですか。確かにそうですね。パッドをちょっと使っちゃいましたが、今からでも間に合いますかね。
今度モンディアルt用(328用)のプロミューの低ダストで効きもノーマル並の材質でワンオフでパッドを作ろうと思いますが、一緒に乗りませんか?また、他の皆さんもいかがでしょうか?

投稿: ディドリ | 2006.05.22 08:13

ディドリさん、久しぶりです、かって930と993を約20年乗っていた私の思うに、まず考えられることは、やはりブレーキパットの特性が合っていない事と、ローターが4万キロ走行との事で、交換時に研磨しちゃんと当りが、出るようにしてからパットを換えるべきだと思います、パットも慣らしをする事、以前308の時は研磨してパット交換したら見違える様になりました。モンディアルはローター・キャリパーともやや、キャパが小さいですが、昨年FISCOを5ラップ連続で走った感じでは、温まった状態では特に効かないことは有りませんでした、恐らくポルシェのブレーキのタッチとの違いが有るから余計に感じているのでは、と思います。

投稿: ブルー・ルマン | 2006.05.21 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/10157403

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのブレーキ問題の原因は何とポルシェ:

« フェラーリのV8サウンドが格別な理由 | トップページ | 相変わらずブレーキの問題 »