« ポルシェのオイルを交換 | トップページ | ブレーキ警告灯の問題(2) »

2006.05.03

オルタネーター、パワステベルト交換

連休は整備三昧の日々を送っています。本日はかねてからの課題であったAlpina B3のオルタネーター、パワステポンプベルトの交換に調整しました。ベルトは純正では1万円近い金額だったと思いますが、以前掲示板で紹介があったマルニトレーディングで社外品を購入しましたら、何と2,805円と格安でした。(税抜き価格) 商品名はファンベルトです。社外品といっても、CONTITECHというドイツのコンチネンタルタイヤの関係会社の製品なので、問題はまったくないと思います。

ただのファンベルト交換と侮る事なかれ。結構苦労しました。まずエアコンのベルトを外さないとできません。できればファンをビスカスカプリングのところから外すとやりやすいのだそうですが、簡単に外れそうもなかったのでこれはそのままでやりました。

Dsc00209

Dsc00213
ジャッキアップして下からやったのですが、ファンのシュラウドからゴミがぽろぽろ落ちてきて顔が真っ黒になりました。最初大変やりにくかったのですが、体を車の下に入れて、頭を前にしてやるとやりやすくなりました。ファンのテンショナーのヘックスはT45というサイズで、手持ちになかったので途中でアストロプロダクツに買出しにでかけたりしたので、3時間くらいかかりました。外すよりもテンショナーを動かしてベルトを付ける方の作業が大変で、途中で何回ももうだめかと思いました。失敗したら走行不能ですので、ヒヤヒヤものでした。

Dsc00215

昨年電装屋さんにカーナビをつけてもらったとき、「ファンベルトはすぐに交換した方がいいよ」、と指摘されていました。確かにゴムにかなりひびが入っていましたので交換したのですが、外す途中で一部は裂きイカのように裂けてしまいました。確かに寿命で危ないところでした。

|

« ポルシェのオイルを交換 | トップページ | ブレーキ警告灯の問題(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704018

この記事へのトラックバック一覧です: オルタネーター、パワステベルト交換:

« ポルシェのオイルを交換 | トップページ | ブレーキ警告灯の問題(2) »