« フェラーリのクラッチの構造 | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 その2 »

2006.04.11

今回のオイルはマックスライフ

クラッチ交換と一緒にオイル交換をお願いしました。

今回のオイルはバルボリン・マックスライフです。走行5万キロ以上のハイマイレージ車用とうたった鉱物油で、オイル漏れ対策に効果がありそうです。楽天で24リッターで22,050円でした。(送料込み) 今回は8リッターしか入りませんでした。オイル容量は11リッターのはずですが、相変わらず3リッターは抜けませんね。

Dsc05638

昨年5月にタイミングベルト交換時にオイルも交換したのが27,000km。以降9月に一度交換し、現在まだ30,000Kmですから、3,000kmで2回オイル交換したことになります。しかしサーキット走行したこともあり、抜いたオイルは真っ黒に汚れていたそうです。

エンジンのヘッドカバーのボルトも緩んでいたそうで締め付けてもらいました。オイルが垂れていたオイルパンやコンプレッサーはパーツクリーナーで洗い流しましてサラサラの砂漠状態です。さて、これでオイル漏れは今後どうなるでしょうか?

|

« フェラーリのクラッチの構造 | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/9525691

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のオイルはマックスライフ:

« フェラーリのクラッチの構造 | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 その2 »