« フェラーリのクラッチの構造 その2 | トップページ | 2回目の中間集計 »

2006.04.13

当たり外れ

以前は(最近でも?)、車には同じ車でも当たり外れがあるといわれました。特にイタリア車などは個体差が激しいと言われました。

今の新車にも当たり外れはあるかどうかわかりませんが、中古車には間違いなく当たり外れがあります。それは前のオーナーがどの程度のメンテをしていたかどうかによります。オイル交換を怠っていたらエンジンの中はスラッジやワニスで汚れているでしょうし、クーラント交換をサボると、ラジエーターやエンジン内部が錆びだらけになります。(クーラントに含まれる防錆材の寿命は通常2-3年だからです) ブッシュやショックが交換されず長い間乗り続けられるとボディに「やれ」が出るのが早まります。

逆に新車のころ「外れ」だった車でも、悪い部品を交換して、適切にメンテしているとだんだんと「当たり」車になっていくと思います。新車の「外れ」の原因となるトラブルは確率的に品質の悪い部品が組み込まれてそこが問題を起こすことや、組み付けが適切でなかったりしたために発生するのだと思いますが、それが後から交換で解消できれば本来の姿にだんだんと戻っていくからです。

中古車を買うときに一番重要なのは以前の修理とメンテ記録ですね。一番良いのは愛情をもって管理していた前のオーナーに聞くことですが、市場で購入する場合はなかなかそういう機会がないのが残念です。個人売買というのはリスクはありますが、そういう点では良いなと思います。

|

« フェラーリのクラッチの構造 その2 | トップページ | 2回目の中間集計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704012

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり外れ:

« フェラーリのクラッチの構造 その2 | トップページ | 2回目の中間集計 »