« 切れていなかったクラッチ | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 »

2006.04.10

ポルシェのバッテリーあがり

ポルシェ911(Type964 92年式)に2週間ほど乗りませんでしたらバッテリーが上がってしまいました。この車は確か新車のときから乗らないでいると2週間でバッテリーが上がると新車当時聞いたことがあります。

アルピナから電源を供給してスターターをかけ、20分ほど走って充電しましたがはやりだめでした。昨年の夏に換えたフェラーリのバッテリーとほぼ同じ大きさなので(型式は若干異なりますが)誤差の範囲でしたので交換した古いものを積んでみました。(エアコンをかけると夜にエンストするのでバッテリーが弱っているかと思い交換したのですが、改善しなったのでバッテリーはまだ使えそうでしたので捨てずにとっておいたものです。)

9ヶ月ぶりに使ったバッテリー、その間充電もせず、それどころか電動インパクトレンチなどで使ったりしていたにも関わらず一発でエンジンをスタートしました。その後何の問題もなく乗っています。

Dsc05554
フェラーリモンディアルt 1990年式とポルシェ911(TYPE964) 1992年式

|

« 切れていなかったクラッチ | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704011

この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェのバッテリーあがり:

« 切れていなかったクラッチ | トップページ | フェラーリのクラッチの構造 »