« ブレーキパッド | トップページ | サイドカーに乗る »

2006.02.19

ポルシェ911 TYPE964

フェラーリ モンディアルtを足回りのリフレッシュ(ショックアブソーバーのオーバーホールとブッシュ類の交換)に出しておりまして、ここ2週間ほど手元を離れています。あと2,3週間は戻って来そうにもありません。

それを哀れんだのか、とある高貴なお方がポルシェ911 TYPE964 1992年式を貸してくださいましたので、週末はそれに乗らせていただいております。

DSC05361

ポルシェっていう車はフェラーリと違って「造り」が良いですね。とても14年11万キロ過ぎた車とは思えないほどきっちりしていまして、新車のようです。内装も隙間なくきちんと詰まっています。ボディもBMWよりも一層固く引き締まっていて剛性というのはこういうものか、と感じさせられます。自動車屋さんに言わせると、重量がほぼ同じ位でボディが小さいから、それだけ中身が詰まっているので当然なのだそうですが。

サイズは5ナンバーの枠におさまり、フェラーリと異なり日本の狭い道路でもあまり気を遣わずに走ることができます。そして速いです。ブレーキも凄くよく効きます。エンジン音はALPINAやフェラーリに比べると私の好みとは異なりますが、きっと好きな人には堪えられないんでしょう。ちなみにミッションは5MTです。

|

« ブレーキパッド | トップページ | サイドカーに乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61704004

この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェ911 TYPE964:

« ブレーキパッド | トップページ | サイドカーに乗る »