« キダスペシャルのサウンド | トップページ | オルタネーターの屋根 »

2006.01.30

パワステオイルタンクのキャップ

昨年もてぎでスポーツ走行を行ったときにパワステオイルのリザーブタンクからオイルが漏れることに気が付きました。見るとキャップのネジミゾがばかになっていて、きちんとしまりません。まわすとくるくる空回り状態。

キャップだけパーツでとることはできないので、どうしようかと思っていましたが、シールテープをネジミゾに巻くことで解決しました。シールテープというのは水栓や水道管の配管の接続時に管のネジミゾに巻く白いテープです。材質はテフロンなのでオイルにも対応するとのこと。

DSC04531
写真左上の白いのがパワステオイルのタンクです。

|

« キダスペシャルのサウンド | トップページ | オルタネーターの屋根 »

コメント

モン吉さんもブログをお持ちでしたか。存じませんで失礼しました。早速リンクを張らせてください。

パワステのオイルタンク、多分熱で変形しちゃうんでしょうね。355のが使えるとは知りませんでした。もしまだ漏るようだったらこちらで検討したいと思います。ありがとうございました。

投稿: ディドリ | 2006.02.03 02:26

パワステのタンクはお約束の場所らしいですね、私のモンカブは前回の車検のときに355の物に交換してくれてました。 355用なんで安価だったと思います。
私の些細なブログにも載せてます、色は黒です。

投稿: モン吉 | 2006.02.02 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/8399160

この記事へのトラックバック一覧です: パワステオイルタンクのキャップ:

« キダスペシャルのサウンド | トップページ | オルタネーターの屋根 »