« 工具の話 | トップページ | チューナーが見たBMWのボディ剛性 »

2006.01.03

バブル期のモンディアル

バブル期にはモンディアルも最高で3000万円位だったとジャキゐさんから9月に聞きまして、実際どのくらいだったのだろうと当時の雑誌を探してて広告を調べてみました。当時買っていた車の雑誌はすべて処分してしまったので手元にはないので、東京は神田神保町古書店街にあるのりもの専門の古本屋菅村書店で1冊500円で、カーグラフィック(89年6月号)とル・ボラン(90年6月号)を買ってきました。

ちょっと失敗だったのは、89年の6月号が編集されていた当時の89年はじめ(推定)には、モンディアルtはまだ日本市場には出回っていなかったようで、広告にはtは見当たりませんでした。あったのはモンディアル3.2 有名な専門店のDで、シルバーの新車が1420万でした。あれ、意外と安いですね。ちなみに328GTBは1,420万円。ここはバブル期にもプレミア価格にはしていなかったようですね。

90年6月のル・ボランをみると、お、値段が上がっています。東京のOという店で、348のtbの新車が3,300万、tsは3,700万です。しかしモンディアルtは1,900万。コーンズの定価は348tbが1,700万、tsが1,770万、モンディアルtクーペは1,710万だそうですから(同じ雑誌による)、モンディアルは当時から人気がなかったんですね。また、328GTSは大阪のCというところで新車が2,650万円でした。

当時の私は生涯フェラーリに乗ることはもはやあきらめておりました。しかしカーグラフィックの89年のはじめごろのNew Modelの記事で、モンディアルがtという名前で縦置きのエンジンで登場するという記事を読んで、漠然と「フェラーリを買うならこれがいいかな」と思ったという記憶はなぜか鮮明に持ち続けていました。

|

« 工具の話 | トップページ | チューナーが見たBMWのボディ剛性 »

コメント

ご無沙汰してます。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。昨年は色々とアドバイスいただきありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。m(__)m

投稿: pyoinpin | 2006.01.09 15:22

ディドリさん、こんにちは。

ご挨拶が遅れましたが、今年も宜しくお願い申し上げます。

僕はバブル期に学生だったのにも関わらず根拠もないのに必ずフェラーリを手に入れるつもりでした。
やっぱ学生ですね。。。


最近、モンディアルを含めフェラーリの価格が上がっている気がします。

先日見た広告ではモンディアルtカブ(内外装僕のと同じ)が700万でした。

投稿: すかあふぇいす | 2006.01.08 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/7982181

この記事へのトラックバック一覧です: バブル期のモンディアル:

« 工具の話 | トップページ | チューナーが見たBMWのボディ剛性 »