« 恒例、新年の集会 | トップページ | バブル期のモンディアル »

2006.01.02

工具の話

車の整備をするにあたって工具選びは重要なポイントだと思います。

最近は工具もプロ用の最高のツール、プロ用でも割と安いツール、主にアジア方面からの輸入製品である激安ツールの3種類があります。ホームセンターでチラシにでるようなのは激安ツールが多いのですが、これは私のような使用頻度のそれほど高くない素人が使っていても結構壊れたりして、あまり使えないものもあります。

たとえば私の使っているあるメーカーのガレージジャッキ、日本のメーカーが中国で生産しているものですが、不良品で2回ほど交換してもらいました。そのつど問題を指摘すると無償で交換してくれるのはいいのですが、店まで行くのが手間ですね。それに車をジャッキアップしてリジッドラックに乗せておいて、片側を外した状態で、もう片側をはず時にジャッキが上がらなくなったのには往生しました。店頭にサンプルが置いてあったのですが、これも同様に仕様の高さまで上がりませんでした。私はおおよそ半年で2回交換してもらいましたが、これで3年保証では3年間で12回交換してもらうことになります。

国内産のプロ用のものはその数倍の値段がしますが、今度それに変えようかと思っています。

私が主にツールを購入しているのはアストロプロダクツというお店で、全国に展開しています。耳にピアスをしたお兄さんがいつも親切に相談に乗ってくれます。高い一級品もありますが、それなりの価格のちゃんと使えるツールもあります。ものによってはホームセンターよりも安いものもあります。(オイルフィルターのカップなどはホームセンターでは1個1000円以上ですが、ここでは450円でした)

トルクレンチを買いに行ったとき、カタログをみてプロ用の高いものしかないと思ってあきらめて行ったら、「普通に使うならばこれで十分でうよ」とずっと安いものを(相手を見て)選んでくれたこともありました。ここで買うものなら品質も値段も間違いないということで、なんだかんだで月に2回は行っている感じです。

「ホームセンターで売っているツールは使い物にならない」と極言する人もいますが、私はホームセンターにもプロ用のも売られているのは知っているので、そこまでは言いません。でもプロ用のを買うなら、ホームセンターよりも専門店の方が優れていると思います。

私のような素人がプロ用の道具を持つのは宝の持ち腐れかもしれませんが、でも一流の道具を持つのはいいですね。

|

« 恒例、新年の集会 | トップページ | バブル期のモンディアル »

コメント

たかやすさん、こんにちは。

やっぱり一流の工具って、いいですよね。どうしても機械を扱うと工具にこだわりたくなります。道具って言うのは大事ですからね。また良い物は一生モノですし。

投稿: ディドリ | 2006.01.09 20:33

ディドリさん、こんにちは。

ご無沙汰しています、たかやすです。

B3-3.0オーナーになられスポーツ走行もはじめられたとのこと、素晴らしいですね。
工具の話題につられて出てきました。

私もE46 318iで筑波サーキットに通っていたこともあり消耗も早く、ハブベアリング、
タイロッドエンド、ダンパーなどちょこちょことSSTも同じくアストロプロダクツなどで
揃えて交換していました。
ラチェット、各種レンチ、ドライバーなどベースの工具はUSAGを使っています。
おっしゃるとおり素人には宝の持ち腐れだとは思いますが、フェラーリF1もこれで組み
立てられているんだなどと言って(今は違うかもしれませんが)、
自己満足の世界に浸ることができるのもサンデーメカならではの楽しみなのではないで
しょうか。

今ではクルマも130iに乗り換えていますが、やっぱり同じことを感じてしまいました。
E36が一番楽しかったなと。

それでは、おじゃましました。

投稿: たかやす | 2006.01.07 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703996

この記事へのトラックバック一覧です: 工具の話:

« 恒例、新年の集会 | トップページ | バブル期のモンディアル »