« 空調のスイッチ | トップページ | 空調のカタタカ音を直す »

2005.12.29

エンジンオイル交換と新種の添加剤を注入

今回交換したエンジンオイルは日産純正のエンデュランス10W-50です。これはSモータースにおいてあったもので、レースにでるGTRのために開発されたものだそうです。日産のオイルを入れるとは思っても見ませんでしたが、Oさんはオイルについてはすごい造詣の深い人で、単なるブランドだけではなく、同じブランドでも日本で販売されるものと本国のものとの違い、ベースオイルの良し悪し、ベースオイルが米国産か中東産か、どこの石油会社のものを使っているかに至るまで知った上でこれを使っている人なので、きっと良いオイルなんだと思います。

今回はOさんが色々試したなかでこれが一番効く、という添加剤も入れてもらいました。日本では余り知られていませんが、米国のトライボテック(tribotech)というエンジン内部のコーティング剤です。日本ではマイクロロンやSX8000が有名で、これらはPTFE系ですが、トライボテックはチタン系だそうです。

アルピナはもともとエンジンがスムーズなので、スムーズさが向上したような感じはありませんが、メルセデスの4気筒エンジンではどうしちゃったのかと思うくらいエンジンが静かにスムーズになりました。特に冷間時の始動直後はドイツ車のエンジンは音が大きめなのが顕著だったんですが、これがすごく静かになりました。

DSC04734
先般のもてぎでのB3

|

« 空調のスイッチ | トップページ | 空調のカタタカ音を直す »

コメント

あけましておめでとうございます。B10V8先生です。クリーニングと添加剤ですが,現在,フェラーリやポルシェなどのオーナーの間でも噂が噂を呼び,人気急上昇中です。外車の場合,「新車でも吹けが悪い」「エンジンの回転にばらつきがある」などで悩んでいる方が多く,施行することによって,本来の力を発揮するよう劇的変化があるのです。ちなみに,○ートバックスさんや○エローハットさんなどに置いてある○ルシュタインなどの洗浄機械は,シール類を溶かし,間違いなくエンジンが壊れるそうです。EC-T21リフレッシュは洗浄剤に秘密があります。開発者は○山さんと言い,なんとR32GT-R開発者の一人の方で,私の前愛車SVXの開発にも関わっていらっしゃった方です。この方,見かけはただのおじさんなのですが,とても信用できる方です。私もお会いしたことがありますが,知識,経験ともに桁違いの方でした。さらに,ZEEKという添加剤は,○山さんが「エンジン洗浄は完璧だが,シリンダー内の削れや劣化部分を埋められる添加剤はないか・・・」と世界中の数百種類の添加剤の中から「これだ!」と思い使用するようになったものだそうです。現在は,トラックや船舶にまで使用されています。基本的な効果は,シリンダー毎にばらつきのある圧縮比が均一になるというもので,半永久的に効果を持続します。水平対抗やロータリーはより効果が体感できます。なお,金属全般に施工可能なので,MTやAT,デフなどにも体感できるほどの効果があります。ちなみに私はATにも入れており,変速ショックが確実に経っています。MTに入れたときには,ギアの入りがスムーズになりました。もっともっと話をしたいのですが,続きは次回お会いしたときにでも・・・。アルピナオーナーの会合,日程の調整がつけば,是非参加させていただきます。ではでは・・・。

投稿: B10V8 先生 | 2006.01.01 18:12

B10V8先生、こんにちは。コメントをありがとうございます。1月早々に茨城県つくば市近辺でAlpinaの仲間で集まろうという話をしています。日程は現在調整中です。ここでアルピナ・オーナーズ・クラブの立ち上げについて画策する予定です。よろしければぜひお越しください。

お話のクリーニングと添加剤、すごいですね。もともと超スムーズなアルピナのエンジンがさらに気持ちよく回るようになるんでしょうか。想像を超えた感覚ですね。

投稿: ディドリ | 2005.12.31 05:23

はじめまして,噂の先生です。添加剤の話が出たようですので,すごいのを紹介します。添加剤・・・というか,EC-T21リフレッシュ整備と呼ばれているものです。これは,エンジンオーバーホール以上の効果があるといってもよいと思います。以前,自分の車(スバルSVX)と後輩のカリカリチューンのカプチーノを施工してもらったところ,別の車になりました。この整備はEC-T21というエンジンリフレッシュ(クリーニング)装置+オイル+ZEEKという添加剤がセットになっているもので,値段的には7~8万円はしますが,超おすすめです。わたしのB10V8も前オーナーが10万㎞でエンジンオーバーホール(100万円ほどかけて)した後,11万㎞で施工しました。なんと,その際,オイルが0.8㍑も多く入りました。つまり,エンジン内にスラッジ等が0.8㍑分も溜まっていた・・・ということになります。その方は,試乗に行ったきり戻らず,電話が・・・。「あまりに気持ちよく回るから海ほたるまで最高速チャレンジに行く。このまま帰るよ!」とのことでした。とにかくすごいんです。ゆっくり茶でもしながら,詳しくお話ししたいものです・・・。では・・・。

投稿: B10V8 先生 | 2005.12.30 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703993

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンオイル交換と新種の添加剤を注入:

« 空調のスイッチ | トップページ | 空調のカタタカ音を直す »