« モンディアルの巨大カタログ | トップページ | ポルシェ、畏るべし »

2005.12.18

メルセデスのエンジン乗せ換え

カムシャフトが折れたメルセデスW202のC200ですが、カムシャフトのみならずヘッドの内側も傷がついたということで、中古エンジンに換装しました。中古エンジンは5万キロ走行のきれいなものが15万円。それにエンジンのハーネス(電気コード)もぼろぼろになっていて再使用できないということでこれも交換しました。これが14万円とちょっと高いのが想定外でした。オイルはもちろん、ATFも全交換です。かかった期間は3週間。総経費は約42万円。残存価値がおそらく40万円に満たない車に42万円の修理費をかけて修理するというのはやっぱり何ですね。通常でと乗り換えると思いますが、その気持ちは良くわかります。メルセデスのハーネスは10年もたつとぼろぼろになるのが多い(整備をお願いしているSモータースの例では例外なくすべて)だそうです。

DSC04772

 

|

« モンディアルの巨大カタログ | トップページ | ポルシェ、畏るべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703988

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのエンジン乗せ換え:

« モンディアルの巨大カタログ | トップページ | ポルシェ、畏るべし »