« 内装の大掃除 | トップページ | タキシードを着てフェラーリでパーティに »

2005.12.23

ドイツ車のブレーキが効く理由

ドイツ車は日本車に比べてブレーキの性能が優れているといわれています。アウトバーンで高速を走るからブレーキの効きがとても重要だからだと思いますが、それをどうやって実現しているかいうとディスクローターの材質にあるのではないかと思います。

といいますのも、日本車ではディスクローターは10万キロ位までは交換することがないようですが、ドイツ車ではパッド交換2回に1回はローターも交換が必要といわれています。走行5,6万キロで交換するということも珍しくありません。それだけディスクローターは実をすり減らして、高い制動力を実現しているという分けです。

ディスクパッドについてもドイツ車は日本車よりも寿命は短いように思います。先般、996のポルシェ911にお乗りだった人にお聞きしたのですが、パッドは8,000km!で交換時期が来ていたそうです。この場合、ディスクローターはパッド交換2回分以上は持ったということなので、ポルシェの場合は主にパッドの方が実を削っているのかもしれません。

DSC04466
E36 B3のディスクローター(再掲)

|

« 内装の大掃除 | トップページ | タキシードを着てフェラーリでパーティに »

コメント

BMWはローターも消耗品なのか、それほど値段は高くありません。また、ロッキードからローターとパッドのセットも割安で出ていますから、ヤフーオークションなどで探して購入して街のタイヤ屋さんに持ち込みで装着してもらうと安くできますよ。ボッシュや他のメーカーからもローターは出ています。また低ダストのパッドもお勧めです。効きは純正と余り変わらないものもあります。

投稿: ディドリ | 2005.12.25 20:14

おそくなってすいません。
私は待ち乗りだけですw
36からの乗り換えでしたが、購入後2ヶ月で15000kmぐらい乗りました。
今回はローター交換が来なかったので、次は確実ですねwすでに怖いです・・・。(金銭的に)

投稿: ARTZ | 2005.12.25 14:47

ARTZさん、こんにちは。

2ヶ月でブレーキパッドがなくなるとは、サーキットでも走られたんですか?それともかなり沢山走られたんですか?

オイルを5,000kmごとに交換するのはエンジンにとっても良いことだと思いますので、それはそれでよいのではないでしょうか。

来年またツインリンクもてぎでオフミをやりましょう。今度はB3でいきます。

投稿: ディドリ | 2005.12.24 03:28

うちの318は2ヶ月でブレーキパットが無くなりましたw
効く効くとたのしんで止まっていたら警告灯が・・・・。効きすぎるのもある意味問題ですねw

以前。掲示板に投稿した、ミッションの異音。振動。の件ですが、掲示板のほうも落ちてしまいましたし、こちらに書かせていただきました。
いろいろご助言いただきましたが、根本解決はしませんでした。
しかし、オイル交換をするとなぜか収まることも判明し(また汚くなりと再発しますが・・・)
定期的に(ほぼ5000km)で交換することになりますが、これで付き合っていこうと思います。
めんどくさい質問に付き合っていただいてありがとうございました。

B3 いつかは乗ってみたいクルマです。
宇都宮在住ですので、いつかお会いできることを楽しみにしていますw
ナンバー36の46です。
それでは 失礼します。

投稿: ARTZ | 2005.12.24 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703989

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ車のブレーキが効く理由:

« 内装の大掃除 | トップページ | タキシードを着てフェラーリでパーティに »