« テスタロッサのエンジン | トップページ | フェラーリ携帯をばらす »

2005.12.25

B3のブレーキの再整備

10月に自分でスポーツパッドを装着したAlpina B3のブレーキの効きがいまいちで気に入りません。E46に比べると大分落ちるので、E36はこんなものかなとあきらめて、ブレンボでもつけようかとずっと悩んでいました。

しかし、ブレーキの鳴きを止めるために鳴き止めのグリースを塗布しようとばらすと、ローターが中央部が特に薄くなっていて外周部に比べて均一に磨耗していません。パッドの装着が良くなかったようです。そこでパッドを外し、ついでにブレーキ用のシリコングリースをキャリパーのピストンとピンの部分に塗布しながら再装着しました。

DSC04878

そうしましたらばかなり効きは改善されました。パッドの当りがまだ完全でないので本来の性能は出ていないと思いますが、まずまずです。また、前回はプロジェクト・ミューのEuro MeviusのEuro Sportsにしましたが、これは100℃から650度までの温度に対応しており、サーキットは良いものの、ストリートには向いていないことがわかりました。これは近日中にEuro Eco(これは0℃から450℃まで対応)に換える予定です。やはり街乗りにはスポーツパッドは向きませんね。

|

« テスタロッサのエンジン | トップページ | フェラーリ携帯をばらす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703991

この記事へのトラックバック一覧です: B3のブレーキの再整備:

« テスタロッサのエンジン | トップページ | フェラーリ携帯をばらす »