« 完璧な純正マフラー | トップページ | 高くついたリモコンロックDIY »

2005.11.10

サーキット走行のスクールを受講

本日は仕事を休んでツインリンクもてぎでスキルアップミーティングαというドライビングトレーニングをしてきました。

丸1日かけてプロドライバーのアドバイスを受けながら20分の走行を4本走ります。

1回目はピットアウトして1周準備走行して本番開始した2週目の第一コーナーで前のCIVIC Type-Rがスピンしたのを見ながらそれにつられて仲良く一緒にスピン。コース上で停止して復帰。その後、ヘアピン出口でスピンしてコースアウト。幸いコースから車1台分程度だったので自力で復帰。その後はスピンせずに危ないところもあったけど何とか1日を終わらせることができました。周囲の車はグラベルに突入して牽引されて帰ってくる車が多かったです。

いやー、1年前にはサーキットを走るなんて考えても見なかったけど、こういうことになるとは自分自身に驚いています。

タイムはたいしたことありませんで、2分40秒218というのが本日のベストでした。もてぎでラップタイムを計測したことがある方なら分かりかと思いますが、車のポテンシャルからすると実にお恥ずかしいタイムで、初心者のAクラスの中でも真ん中より下ですが、この日の順位の前後にポルシェ911がいることから、まあよしとしましょう。何台かの車がコースアウトしてグラベルに突っ込んで、牽引されて帰って来ましたが私は幸い事故もトラブルもなく無事帰ることができました。あ、そうそうパワステオイルリザーブタンクのふたのネジがばかになっていて、パワステオイルが少々漏れました。それにしても高速走行中にエアコンの噴出し口から白煙が出てきたのはなぜ?ブレーキの白煙でも入ってきたのかな?

DSC04514

1日走ったら、朝に満タンにしてでかけたガソリンタンクはほぼ空になってしまいました。(片道50kmの往復走行を含む) 燃費は最悪で、走行距離はうろおぼえなので正確ではありませんが、3.7km/l程度です。

また、この日初めてダウンヒルストレートのエンドで過去最高の200km/hを記録しました。
高速道路ではフェラーリのような車はアクセルさえ踏めば誰でも200km/h以上を出すことができます。しかし日本ではそれは違法ですし、周囲の車との速度差を考えるとやはり危ないです。日本でフェラーリのパフォーマンスを発揮する場はやはり高速サーキットではないかと思います。もてぎに富士、鈴鹿、岡山のTI,熊本オートポリスなど日本にもそういう場所が全国にあります。

|

« 完璧な純正マフラー | トップページ | 高くついたリモコンロックDIY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/7021988

この記事へのトラックバック一覧です: サーキット走行のスクールを受講:

« 完璧な純正マフラー | トップページ | 高くついたリモコンロックDIY »