« Bピラー内装カバーを交換 | トップページ | ちょっとうらやましい最近のフェラーリ »

2005.11.16

フェラーリとサーキット

私は別にサーキット走行をするためにフェラーリを買ったわけではありません。モンディアルを選んだ理由のひとつに、4シーターのモンディアルでサーキットを走る人はいないから程度もいいだろう、というのがありました。サーキットを走るとボディも痛みますし、ブッシュやサスペンションの劣化が加速されるようです。

つい半年前まではフェラーリを持っていてもサーキットを走ろうとは思わなかったのですが、エンジンを整備して調子が完璧になるとついついそのパフォーマンスを味わって見たくなりました。5月の連休明けにもてぎをファミリー走行して、このときはペースカー先導なので最高で100km/hまでしか出せなかったのですが、それでもとっても面白くかつ、もっと走って見たいと思いました。このころちょうどPodcastingが始まったので、サーキットを走るサウンドを収録したいと思ううちに年がいもなく、40歳代半ばにしてはまってしまいました。

mondialmotegi1
写真は2005ヒストリック・オートモビル・フェスティバル・インジャパンで疾走するモンディアルt (Mさん撮影)

それまではサーキット走行は15年前にミニサーキットでの走行会にフィアット・リトモ・アバルトとBMW 320iで2回ほど参加したのと、7年前にもてぎのBMWサーキットデイで走った程度でした。今回は色々分からないことも多く、最初はフロアマットを外さずに走ったりしていました。

モンディアルは常時エアコンのコンプレッサーが回るので、サーキットではまずかろうとファンを切って走っていましたが、最初はとても暑かったです。最近は窓を少し開ければ良いのだと気が付きました。(それでも暑いときもありますが) ちなみにジャッキゐさんによると、コンプレッサーをオンにしたままサーキットを走ると、コンプレッサーベルトが飛ぶかもしれないそうです。

|

« Bピラー内装カバーを交換 | トップページ | ちょっとうらやましい最近のフェラーリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/7119927

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリとサーキット:

« Bピラー内装カバーを交換 | トップページ | ちょっとうらやましい最近のフェラーリ »