« Alpina B3 3.0/1の生産台数 | トップページ | お買い得だったB3 3.0/1 »

2005.11.23

サスペンションブッシュ換えどきは?

古い車はサスペンションブッシュを交換しなければならないといわれます。雑誌には(フェラーリも)「3万キロも走ればショックの抜け、ブッシュのヘタリは当然」と書かれています。(三栄書房 Enjoy Ferrari P58) 私のは公式には15年約3万キロ、ブッシュは交換していないようで、ひび割れています。福野礼一郎氏によると、ブッシュがへたったままで走り続けると、ボディにガタがきてしまうそうで、そうなるとなかなか戻すのは難しくなります。

ブッシュはゴムですから、確かに年月を経て距離を走ると劣化するのは当然として、では3万キロで交換が必要かというと、それは乗り方にもよるようで、一概には言えないようです。跳馬内燃機のジャッキゐさんに試乗してもらったところ、前後の揺れに対してヘタリが多少あるけどまだ大丈夫といわれました。しかし近いうち交換したくてうずうずしています。ブッシュは1個約5千円。ダブルウイッシュボーンなので1輪につきウイッシュボーンが2個。ウイッシュボーンのアームにボディ側に2個、ハブ側に2個なので、合計32個あるような気がします。さらにサスペンションブッシュ4個。スタビライザーのブッシュも4つ?ありそうです。部品代だけで20万。工賃を入れると30万では足りないと思います。


どうせならばショックアブソーバーも一緒にオーバーホールしたいですね。ショックアブソーナーは新品で買うと2000年の時点で1本5万9千円。今は値上げされて確か7,8万円くらいだったと思いますので4本買うと、ゲ、30万円。でもエナペタルでオーバーホールすれば1本2万円程度でできそうです。(ただし状態によっては3段階調整機能が固定されてしまう可能性もあるそうです)

DSC00127
写真はリア左のウイッシュボーンアームの付け根のブッシュ


DSC04636
(写真はリア左サスペンション全体)


|

« Alpina B3 3.0/1の生産台数 | トップページ | お買い得だったB3 3.0/1 »

コメント

ホリさん、こんにちは。すばらしい情報をありがとうございます。私もぜひともここにお願いしたいと思います。感謝感謝です。

投稿: ディドリ | 2005.11.26 23:08

はじめまして。
’84 308QV に乗るホリと申します。
ボクは今年の春、サスペンションブッシュを半DIYにより格安で交換しました。
内容は・・高価な純正新品ブッシュを使わず、劣化したゴム部分だけを同寸法に削り出したウレタンと入れ替える方法です。
自分でアームを外して下記ショップへ送り上記作業の後返送してもらい、逆の手順で組み付ければ完成です。
308はブッシュが溶接止めされているのでこの方法は特に有効ですが348系でも同じ事だと思います。
何より部品代が1/3程度、工賃に至ってはゼロに近いですから・・一度問い合わせてみては・・・

http://www16.ocn.ne.jp/~arden/

投稿: ホリ | 2005.11.26 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/7282598

この記事へのトラックバック一覧です: サスペンションブッシュ換えどきは?:

« Alpina B3 3.0/1の生産台数 | トップページ | お買い得だったB3 3.0/1 »