« ヒストリック・オートモビル・フェスティンバル(2) | トップページ | フェラーリとサーキット »

2005.11.15

Bピラー内装カバーを交換

B3のBピラーの内側のトリムカバーが一部割れていて、かつベタベタしていたのでパーツを取り寄せ、自分で交換しました。

シートベルトが中に通っているので、結局シートをはずして交換したので大作業になりました。スペシャルツールがあればシートをはずさなくてもできるようです。部品の値段は8,780円でした。

内装の交換はある意味で他の部品の交換よりも気を使います。はずすときに注意しないと内装のほかの部分を傷つけたり汚したりします。 このパーツはFRPを塗装したものですが、アーマオールなどの石油系の艶出し剤を使うと塗装が溶け出してべとべとになるそうです。

DSC04412
左が下、右が上の部分です。右側の前のドアと後ろのドアの間の部分の内装パーツです。

 

|

« ヒストリック・オートモビル・フェスティンバル(2) | トップページ | フェラーリとサーキット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703980

この記事へのトラックバック一覧です: Bピラー内装カバーを交換:

« ヒストリック・オートモビル・フェスティンバル(2) | トップページ | フェラーリとサーキット »