« ポッドキャスティングでフェラーリサウンド公開開始 | トップページ | 今までの内容を本にしました。 »

2005.09.05

ミッションにSX-6000を注入

何人かの方からアドバイスを受けて、シフト中のアクセル中ぶかしにより回転をあわせることを覚え、高回転域でもスムーズにシフトチェンジすることができるようになりました。

それに加え、以前はマイクロロンと書きましたが、QMIのSX-6000というオイル添加剤を入れてみました。マイクロロンはミッションにはAT用しか出ておらず、これですとミッションにデフ、LSDが一体になっている車には使うことができません。マイクロロンですとコンパウンド90という製品が対応しますが、これは毎回注入する必要があるそうです。

そこでSX-6000の登場となったわけです。ミッションオイルもサーキット走行を予定していることから、以前ご紹介されたオメガと同じブライトストックベースのPennzoilの80W-90に換えてみました。

ミッションオイルの交換には、ミッションの上にかぶさっているエアクリーナーをケースごと外す必要があります。

DSC03926s

写真中央の真鍮の色をしているのがミッションオイル注入口です。抜いたオイルはまだ9ヶ月2000km程度しか走行していないため、全然汚れていませんで金属粉もほとんどでませんでした。

効果ですが、抜群。コールドスタートの2速も入るようになりました。乗用車のようなずぼらなシフトすら可能と思えるほど入りやすくなりました。

|

« ポッドキャスティングでフェラーリサウンド公開開始 | トップページ | 今までの内容を本にしました。 »

コメント

ディドリさん
どうもすみません。いろいろ調べたのですが、交換時期や粘度は書いてあるのですが、詳しくは別マニュアルの○○ページとしか書いてないんです....。でもどうにか資料集まりそうなのでなんとかなりそうです!お騒がせしました。自分も半分面白く書きながらFブログ始めました。よかったら覗いて下さい。http://ameblo.jp/a112abarth/
どこかでお会い出来るといいですね。それでは失礼します!

投稿: a112abarth | 2007.06.13 12:47

こんにちは。最近更新が少なくてすいません。

オイルの量とかはミッションオイルも含めて、オーナーズマニュアルに書いてありませんでしたか?

tと3.2はミッションが全然違うので、オイル量は参考にならないかもしれません。

3.2のパーツリストとかは以前はフェラーリの各車用CD-ROMに収録されていましたがどうでしょう。

投稿: ディドリ | 2007.06.07 16:12

初めまして!ずっとフェラーリが欲しくてディドリさんのブログにかじりついていた者です。最近ついに念願無叶ってmondial3.2を手に入れました。整備をしているのですが、分らないことだらけでいつも参考にさせて頂いてます!お会いした事もないのに急に伺うのもと思ったのですが、もしよろしければミッションオイルの量を教えて頂けないでしょうか。tとは違うところも随分あると思うのですが、目安になればと思いまして...。現在は3.2のパーツリストかワークショップマニュアルを懸命に探している所です!オーナーマニュアルはイタリアンカパーツ.comで入手出来ました。

また寄らせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: a112abarth | 2007.06.05 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/5802634

この記事へのトラックバック一覧です: ミッションにSX-6000を注入:

« ポッドキャスティングでフェラーリサウンド公開開始 | トップページ | 今までの内容を本にしました。 »